Buddhachannel

記事

論説

日本人の科学教信仰

Le 2015年5月7日

アメリカ人の半分近く、45%が、人間は1万年前、神によって現在の姿に作られたと信じているという。かれらは現在の人間がサルから進化したという科学的常識を否定するのである。(2004年11月ギャラップ調査)  メキシコでは、同じような調査は知らないが、おそらく45%という比率はグンと上がって、70%位には行くのではなかろうか?  かれらは90%までがカトリック信者で、キリスト教徒として洗礼を受け、日曜ごと教会へ行って神父の説教を聞き、伝統的な宗教習慣にのっとって生活している。成長して高等教育を受けるようになると、だんだん科学的に物事を見るようになり教会へも行かなくなるが、それは全体からすれば少数派だ。  さてそれでは日本人はどうかと言うと、9割近く自然科学的な進化論を信じているのではないかと思う。今、お寺の檀徒になっている人は人口の8割くらいだろうか。七五三とか元旦には、これまた80%以上の人たちがお宮参りをするそうだ。  仏教と神道(しんとう)をごちゃ混ぜにした信者が多そうだが、 次の

ユーモア

Zem — Juste un doigt !

plus d articles

今週の記録

愛と思いやりに満ちた人生とスピリチュアリティの実践

わたしたちの人生におけるすべての苦悩の源はマインドにあります。わたしたちの人生に対する基本的な姿勢や思いこみが、世界において何を経験し、いかに交流するかということを方向づけ (...)


日本人は、昔から "思いやり"を大切にしてきました

人の心の温かさを感じられない、殺伐としたニュースが、毎日のように報道されています。


お茶と宗教(仏教、道教など)

中国茶の歴史でも書いてあった「茶興於唐、盛於宋」という説があり、唐の封演の『封氏聞見記』巻六によると:「開元中、泰山霊岩寺大興禅教。學禅務於不寐、又不夕食、唯許飲茶。人自懷 (...)


写真は、デー

par Buddhachannel China


Evénements

「京の七夕」オール京都で開催 光るボールで天の川作る

京都府や京都市、京都仏教会などが8月6〜15日に京都市内の堀川と鴨川周辺で初めて開く新イベント「京の七夕」の実行委員会が29日、上京区内であった。参加者が堀川に光るボールを放流し「天の川」を創出するイベントなど詳細計画を決めた。  「京の七夕」は、春の「花灯路」と同様、「オール京都」体制で集客を目指す取り組み。堀川会場(一条戻橋-押小路橋)では、参加者がLED(発光ダイオード)を埋め込んだ光るボールを堀川に放流し「光の天の川」を演出するほか、放置竹林の竹と照明を組み合わせた全長80メートル巨大アーチなどのアート作品も展示する。  また、鴨川会場(御池大橋-四条大橋)では、伝統産業品とLEDを組み合わせた作品展示や友禅流しの実演などを行う。会場周辺の商店街などでも多彩な共催イベントを実施する。  全国から「願い」を集める「絵はがき短冊」も、26日時点で約1万6千枚販売され、夏の新しいイベントとし 次の


ヂィレクトリ

安泰寺

歴史 1924年、丘宗潭によって曹洞宗宗学研究の学堂として、京都洛北の玄琢に開創された。以来、第二次世界大戦まで、同宗近代の伝統宗学はこの学堂によって継承発展した。 第二次世界大戦中には荒廃の一時期もあったが、1949年、沢木興道と内山興正の師弟が入寺し道元禅師の只管打坐を綿密純粋に行持する「紫竹林参禅道場」として再興した。坐禅と托鉢行に徹した簡素な修行道場はいつしか世に知られるところとなり、参禅の士は国内ばかりでなく世界各地から集うようになった。 修行者の増加に加えて周囲の宅地化による騒音は坐禅道場としての条件を満たすことができなくなり、また、山の静けさと中国禅の理想でもあった自給自足の生活を求めるため、1977年に渡部耕法が現在の場所に移転した。周囲を山々に囲まれ、境内地は50haある。 所在地 兵庫県美方郡新温泉町久斗山62 宗派 曹洞宗 創建年 大正10年(1924年) 次の

最後の著者

ジン

 次の


Articles et Conférences

妬まない、怒らない、愚痴らない

この言葉と出会ったのは、2001年に中山正和さんの「洞察力 本質を見抜く『眼力』の秘密」(PHP文庫)という本を読んだときです。もともとは、煩悩(ぼんのう)を呼ぶといわれる「仏教の三毒」である「貪(とん)・瞋(しん)・癡(ち)」から中山さんがヒントを得てつくったもので、厳密には仏教の解釈と同じではないようです。 したがって、「妬まない・怒らない・愚痴らない」は中山流、あるいは勝間流として解釈してほしいのです。それでも、この三毒追放には劇的な効果があり、実行し始めると、ありとあらゆることが好転しました。今の私があるのも、この言葉のおかげです。ぜひ、みなさんにも知っていただきたいと思います。 この言葉を知った当時の私は、中間管理職になりたてで、仕事も家庭もうまくいかず、上司や部下、家族、友人関係など、すべての人間関係に悩んでいました。それを補うため、毎日、ボトル半分のワインを飲み、1箱のたばこを吸い、コーヒーを浴びるように飲んでいました。その結果、当然のように身体を壊し、不眠、胃痛、肥満、耳鳴りなど、さまざまな症状に悩まされていたのです。 悩んだあげく、自己啓発書もいろいろ読んでみましたが、なかなかうまくいきません。そんなときにこの言葉に出会って三毒追放を始 次の

Billet du jour

中道 中庸


によって ジン


Textes fondamentaux

十一面根本陀羅尼

なうぼ あらたきうたらやや なうまく ありや  きぐやなう さぎやら ばいろしゃ びか あらんじゃや  たたぎゃたや あらなてい さんみゃく さんぼだや  なうまくさらば たたぎゃて いびゆ あらかていびゃく  さんみゃく さんぼてい びゃく なうまくありや  ばらきてい じむばらや ぼうじさむばや  まかさとばや まかきゃろにきゃや たにやた  おん たらたら ちりちり どろどろ  いていばてい しゃれい しゃれい  はらしゃれい はらしゃれい   くそめい くそまばれい いりびり しりしり  ちじゃらま はなうひ はらましよたさとば  まかきゃろにきや そはか sakai.zaq.ne.jp/piicats/jyuichimenndarani.htm から 次の


仏教

信仰心支える仏工の技

一本杉通り商店街(3)  北陸は浄土真宗が盛んな土地柄だ。中興の祖、蓮如(れんにょ)が室町時代に吉崎御坊(ごぼう)(現在の福井県あわら市)に滞在し、布教に力を入れたのがそのルーツとされる。七尾市の一本杉通りは本願寺派「光徳寺」の門前町としても栄え、仏壇や和ろうそくを作る職人たちが、今も人々の信仰心を支えている。 修復通じ仏と対話/癒やしの力炎に託し 法然の木像の台座に下地を塗る布さん  漆塗りと金箔が、豪華さと荘厳さを同時に感じさせる七尾仏壇。能登の険しい道での運搬にも耐えられるよう、鏡板(本尊、脇仏の後板)を二重にしたり、組み立てはほぞ組みにしたりと工夫を凝らし、とにかく頑丈に作られてきた。江戸時代には、北前船で北海道まで運ばれていったという。   この七尾仏壇を今も作り続ける「ぬのや仏壇店」。静まりかえった作業部屋には、鼻を刺激する漆のにおいと、真剣勝負の職人が醸し出す張りつめた空気が漂っていた。   仏壇は、〈1〉生地の素木を削る「木地師」〈2〉漆や金箔を打つ「塗師」〈3〉木彫を作る「彫刻師」〈4〉蒔絵(まきえ)を描く「蒔絵師」〈5〉金具を作る金工師――という五職の分業により完成する。店の主人、布(ぬの)辰巳さん(69)は塗師職人だ。   古い木の仏具を見せて 次の

最後の記事

光明真言和讃

帰命頂礼大潅頂(だいかんじょう) 光明真言功徳力(くどくりき) 諸仏菩薩の光明を 二十三字に蔵(おさ)めたり 「おん」の一字を唱うれば 三世(みよ)の仏にことごとく 香華(こうげ)燈明飯食(おんじき)の 供養の功徳具(そな)われり 「あぼきゃ」と唱うる功力(くりき)には 諸仏諸菩薩もろともに 二世(にせ)の求願(くがん)をかなえしめ 衆生を救(たす)け給うなり 「べいろしゃのう」と唱うれば 唱うる我等が其のままに 大日如来の御身(おんみ)にて 説法し給う姿なり 「まかぼだら」の大印(だいいん)は 生仏(しょうぶつ)不二(ふに)と印可(いんか)して 一切衆生をことごとく 菩提の道にぞ入れ給う 「まに」の宝珠(ほうしゅ)の利益(りやく)には 此世をかけて未来まで 福寿意(こころ)の如くにて 大安楽の身とぞなる 「はんどま」唱うるその人は いかなる罪も消滅し 華(はな)の台(うてな)に招かれて 心の蓮(はちす)を開くなり 「じんばら」唱うる光明に 無明変じて明 次の