Buddhachannel

記事

論説

日本人の科学教信仰

Le 2015年7月11日

アメリカ人の半分近く、45%が、人間は1万年前、神によって現在の姿に作られたと信じているという。かれらは現在の人間がサルから進化したという科学的常識を否定するのである。(2004年11月ギャラップ調査)  メキシコでは、同じような調査は知らないが、おそらく45%という比率はグンと上がって、70%位には行くのではなかろうか?  かれらは90%までがカトリック信者で、キリスト教徒として洗礼を受け、日曜ごと教会へ行って神父の説教を聞き、伝統的な宗教習慣にのっとって生活している。成長して高等教育を受けるようになると、だんだん科学的に物事を見るようになり教会へも行かなくなるが、それは全体からすれば少数派だ。  さてそれでは日本人はどうかと言うと、9割近く自然科学的な進化論を信じているのではないかと思う。今、お寺の檀徒になっている人は人口の8割くらいだろうか。七五三とか元旦には、これまた80%以上の人たちがお宮参りをするそうだ。  仏教と神道(しんとう)をごちゃ混ぜにした信者が多そうだが、 次の

ユーモア

Zem — Méditation, Corps & Esprit

plus d articles

今週の記録

日本人は、昔から "思いやり"を大切にしてきました

人の心の温かさを感じられない、殺伐としたニュースが、毎日のように報道されています。


愛と思いやりに満ちた人生とスピリチュアリティの実践

わたしたちの人生におけるすべての苦悩の源はマインドにあります。わたしたちの人生に対する基本的な姿勢や思いこみが、世界において何を経験し、いかに交流するかということを方向づけ (...)


お茶と宗教(仏教、道教など)

中国茶の歴史でも書いてあった「茶興於唐、盛於宋」という説があり、唐の封演の『封氏聞見記』巻六によると:「開元中、泰山霊岩寺大興禅教。學禅務於不寐、又不夕食、唯許飲茶。人自懷 (...)


写真は、デー

par Buddhachannel Eng.


Evénements

「京の七夕」オール京都で開催 光るボールで天の川作る

京都府や京都市、京都仏教会などが8月6〜15日に京都市内の堀川と鴨川周辺で初めて開く新イベント「京の七夕」の実行委員会が29日、上京区内であった。参加者が堀川に光るボールを放流し「天の川」を創出するイベントなど詳細計画を決めた。  「京の七夕」は、春の「花灯路」と同様、「オール京都」体制で集客を目指す取り組み。堀川会場(一条戻橋-押小路橋)では、参加者がLED(発光ダイオード)を埋め込んだ光るボールを堀川に放流し「光の天の川」を演出するほか、放置竹林の竹と照明を組み合わせた全長80メートル巨大アーチなどのアート作品も展示する。  また、鴨川会場(御池大橋-四条大橋)では、伝統産業品とLEDを組み合わせた作品展示や友禅流しの実演などを行う。会場周辺の商店街などでも多彩な共催イベントを実施する。  全国から「願い」を集める「絵はがき短冊」も、26日時点で約1万6千枚販売され、夏の新しいイベントとし 次の


ヂィレクトリ

教王護国寺(きょうおうごこくじ)

延暦十三年(七九四)桓武天皇は、動乱の中に奈良から長岡京を経て平安京へと都を遷され、羅城門の東西にそれぞれ大寺を置かれました。 現在の京都は御所をはじめとして大部分が東方へずれてしまっていますが、東寺はもとの場所にそのまま残っていて史跡に指定されています。当初の東寺建立の目的は、平安京の東側を鎮護するということでしたが、本来の宗教寺院として活動を始めたのはそれから後に嵯峨天皇より弘法大師がこの寺院を賜ってからのことです。 このお寺にはアショーカ王以来の伝統に従って、法によって国の平和が護られ、その光が世界の隅々にまでいきわたるようにということと、それぞれの思想が共に侵さず共存していく原理を見出し伝え、共々に力を合わせ実現されていくようにとの大師の願いが込められています。 東寺の伽藍は南大門を入って金堂、講堂、少し隔てて食堂が一直線に置かれ、左右に五重塔と潅頂院が配置されています。塀で区画された境内はそのままマンダラであり浄土です。我々はそこから様々なメッセージを汲み取ることができます。 大師は高野山を自 次の

最後の著者


Articles et Conférences

祖師禅の意味と流れ

1)祖師禅の意味 祖師禅とは、悟りを完成した全ての祖師たちが、本来、成り立っている悟りの世界を、正しく眼の前に引き出して見せた法門である。この門に立つと、言葉の道と思考の道とが絶え、自らが本来、仏であることを明確に悟り、何にもとらわれることのない自在な生を享受するようになる。 体露金風という言葉がある。秋風が吹いて葉がすべて落ちると、木の本来の姿が赤裸々に現われることを表現した言葉である。誰でも悟りを開くと、言葉と思考という自我の存在方式が崩れ去り、法界の真の姿がありのままにあらわれる。祖師禅とはまさしくこのようなものである。 仏は自ら体得された悟りの世界を、心から心へと伝える以心伝心の方法により摩訶迦葉尊者に伝えられた。この機縁は次のようなものである。 ある日、仏は一輪の蓮華の花をとって多くの大衆の前に見せられたが、その大衆たちの中で、ただ摩訶迦葉尊者だけがにっこりと微笑んだ。仏は蓮華を提示してその心を見せるや、迦葉尊者がその心を正しく悟り、微笑により答えられたのである。 「花をとるや、にっこり笑う」。いわゆる「拈花微笑」がまさしくそれである。 禅は拈花微笑という意味深い機縁により誕生した。この仏から迦葉尊者へと伝えられた法は、その後 次の

Billet du jour

中道 中庸


によって ジン


Textes fondamentaux

ダンマパダ - 法句経(ほっくきょう)(1-11)

ダンマパダ-法句経 第1章- -第11章 第1章  (1,2) ものごとは全て心によって作り出されている。 もしも汚れた心で話し、行うならば、 苦しみはその人につき従うであろう。 牛に車がついて行くように。 ものごとは全て心によって作り出されている。 もしも清らかな心で話し、行うならば、 福楽はその人につき従うであろう。 牛に車がついて行くように。 第2章  (21,22) 努力し務め励むのは不死の境地であり、 努力せず怠けるのは死の境地である。 努力し務め励む人は死ぬことはなく、 努力せず怠ける人は死者のごとくである。 賢者はこのことを正しく知っており、 努力し務めることを喜び、 聖者の境地を楽しむ。 第3章  (35) 心は捉えがたく、ざわめき、欲するままに行こうとする。 その心を制することは良いことである。 その心を制したならば、安楽に到る。 第4章  (48) 花を摘むのに夢中になっている人は、 まだ望みをはたさないうちに、 死神に征服されることになるであろう。 第5章  (62) 「私には子供や財産がある」と思って愚かなものは悩む。 しかしすでに自分は自分では 次の


仏教

浄土宗と浄土真宗

平安時代も後期になると、末法思想が人々に広がりました。末法思想とは、お釈迦さまの教えが時代とともにすたれ、世の中が乱れるというものです。ときは源平合戦の真っ最中。戦乱の中で、人々は不安な日々を送っていました。そんななか、浄土宗が生まれたのです。  浄土宗は、法然が開いた宗派です。教えは分かりやすく、「南無阿弥陀仏」と唱えれば、阿弥陀如来の力で救われる、というものです。それまでの仏教は、難しい経典を読んだり、きびしい修行をしなければならなかったので、身分の高い人や僧だけに広がっていたのが、浄土宗によって、民衆にも開かれるようになりました。  法然が「阿弥陀如来の力に頼りなさい」と説いたのは、どんな人間にも、その力には限界があると考えたからです。若いころから経典を読みこんだ法然が、30年におよぶ修行のすえ、出した結論でした。ちなみに、それまで修行の脇役でしかなかった「念仏」を主役にしたのは、法然が最初です。 法然の浄土宗を、自分なりに解釈したのが浄土真宗を開いた親鸞でした。 師匠の法然が、阿弥陀仏を信じて「念仏をとなえる」ことを説いたのに対 次の

最後の記事

向原寺(豊浦寺跡)

縁起  552年(欽明天皇13年)百済の聖明王が金銅の釈迦佛(日本初渡来の仏像)を朝廷に献上します。宮中ではこの尊像を信奉すべきか否かの評議が開かれ、大臣蘇我稲目は生身の如来であるこの尊像を信受することを奏上し、大連物部尾輿 中臣鎌子は異国の蕃神として退けることを主張しました。 欽明天皇は蘇我稲目にこの尊像をお預けになりましたので稲目は我が家に如来をお移しし、やがて向原の家を寺に改め如来を安置し、これが我が国の歴史に残る仏寺の最初で向原寺といいます。  その後疫病が流行し、「仏教崇拝による日本古来の神の祟り」という理由で、物部尾輿により仏像は 「難波の堀江(日本書紀)」に捨てられ、寺は焼却されてしまいます。 豊浦寺  593年日本最初の女帝推古天皇が豊浦(向原寺跡)で即位、10年間ここに豊浦宮をおきます。603年に宮を小墾田(おはりだ)に移すにあたり、宮を蘇我馬子が譲り受け豊浦寺を創建します。豊浦寺は日本で最初の尼寺だったようです。このころ、天皇の甥である厩戸(うまやど)皇子(聖徳太子)などにより、冠位十二階の制が定められ、604年には憲法十七条が制定されます。 次の