Buddhachannel

記事

論説

日本人の科学教信仰

Le 2015年7月11日

アメリカ人の半分近く、45%が、人間は1万年前、神によって現在の姿に作られたと信じているという。かれらは現在の人間がサルから進化したという科学的常識を否定するのである。(2004年11月ギャラップ調査)  メキシコでは、同じような調査は知らないが、おそらく45%という比率はグンと上がって、70%位には行くのではなかろうか?  かれらは90%までがカトリック信者で、キリスト教徒として洗礼を受け、日曜ごと教会へ行って神父の説教を聞き、伝統的な宗教習慣にのっとって生活している。成長して高等教育を受けるようになると、だんだん科学的に物事を見るようになり教会へも行かなくなるが、それは全体からすれば少数派だ。  さてそれでは日本人はどうかと言うと、9割近く自然科学的な進化論を信じているのではないかと思う。今、お寺の檀徒になっている人は人口の8割くらいだろうか。七五三とか元旦には、これまた80%以上の人たちがお宮参りをするそうだ。  仏教と神道(しんとう)をごちゃ混ぜにした信者が多そうだが、 次の

ユーモア

Zem — Dès que l’on prend conscience de la cause d’un mal-être ou d’une maladie, le processus de guérison est déjà amorcé. Il ne reste plus que l’action ou la décision appropriée pour assister au retour de l’harmonie. Claudia Rainville

plus d articles

今週の記録

日本人は、昔から "思いやり"を大切にしてきました

人の心の温かさを感じられない、殺伐としたニュースが、毎日のように報道されています。


愛と思いやりに満ちた人生とスピリチュアリティの実践

わたしたちの人生におけるすべての苦悩の源はマインドにあります。わたしたちの人生に対する基本的な姿勢や思いこみが、世界において何を経験し、いかに交流するかということを方向づけ (...)


お茶と宗教(仏教、道教など)

中国茶の歴史でも書いてあった「茶興於唐、盛於宋」という説があり、唐の封演の『封氏聞見記』巻六によると:「開元中、泰山霊岩寺大興禅教。學禅務於不寐、又不夕食、唯許飲茶。人自懷 (...)


写真は、デー


Evénements

「京の七夕」オール京都で開催 光るボールで天の川作る

京都府や京都市、京都仏教会などが8月6〜15日に京都市内の堀川と鴨川周辺で初めて開く新イベント「京の七夕」の実行委員会が29日、上京区内であった。参加者が堀川に光るボールを放流し「天の川」を創出するイベントなど詳細計画を決めた。  「京の七夕」は、春の「花灯路」と同様、「オール京都」体制で集客を目指す取り組み。堀川会場(一条戻橋-押小路橋)では、参加者がLED(発光ダイオード)を埋め込んだ光るボールを堀川に放流し「光の天の川」を演出するほか、放置竹林の竹と照明を組み合わせた全長80メートル巨大アーチなどのアート作品も展示する。  また、鴨川会場(御池大橋-四条大橋)では、伝統産業品とLEDを組み合わせた作品展示や友禅流しの実演などを行う。会場周辺の商店街などでも多彩な共催イベントを実施する。  全国から「願い」を集める「絵はがき短冊」も、26日時点で約1万6千枚販売され、夏の新しいイベントとし 次の


ヂィレクトリ

タイ北部様式の珍しい仏教寺院

タイの仏教寺院はスリランカ様式の流れを汲んでいますが、長い歴史の中で、タイのそれぞれの地域特性を加味しながら、次第にタイ特有の様式を生み出して行きます。 昨日はタイ北部のシャン族の寺院を御紹介しましたが、本日は、観光地としても有名な金綺羅金の王室仏教寺院ではなく、タイ北部様式の特徴が強く残るタイ式仏教寺院について触れて見たいと思います。 タイ様式の仏教寺院には、布薩堂(本堂)、礼拝堂、鐘楼、仏塔、尖塔、書庫、僧侶の住居などの様々な形態がありますが、今日は、その中から、最も格式が高く、僧侶が儀式や宗務を執り行う 『 布薩堂 』(ウボソッツ อุโบสถ )、そして、庶民の誰もが自由に祈りを捧げることのできる 『 礼拝堂 』(ウイハーン วิหาร )を採り上げます。 先ずは、タイ北部のパヤオ県から古代都市公園(ムワン・ボラーン)に移築・修復されたワット・チェンコンの礼拝堂(ウイハーン 下写真)を御覧下さい。 タイ北部の仏教 次の

最後の著者

Nanny Obame

Etudiante en école de publicité, je suis journaliste reporter à la base. Je (...) 次の


Articles et Conférences

因縁の話

束縛は永遠のものでないと知る 『因縁』と『万物は無常であるということ』、このふたつを十分に理解すると、本当に自由になって、喜びが得られるでしょうか。ひとつ、簡単な例を見てみましょう。たとえば小さな子供を持つお母さんがいて、子供のことで悩んでいるとします。朝から晩まで子供の面倒を見なくちゃいけないし、子供も言うことを聞かない。お母さんは自分が子供に、あるいは家に、束縛されていると感じて、もういやだと思うこともときにはあるでしょう。ストレスがたまるので、どこかに出かけてご飯でも食べようとか、旅にでも出かけようとか、音楽でもゆっくり聴きに行こうとかいうことが、小さな子供がいらっしゃるお母さんの場合は無理なようですからね。そういう場合は、ああ自由じゃない、と思うでしょうね。 でも、目を離せない、手を離せない、と思っていても、母親自身が、子供の小さい期間は永久的なものではないということをよく知っているんですね。子供はすぐに大きくなる。そうすると自分は自由になるのです。10歳でしょうか、15歳でしょうか。1日中子供のことを考えなければならない今のような状態は、すぐになくなるわけです。じゃあ、束縛を感じるのもあと5年か10年のことだ…と気付いた瞬間に、いつか終わることならそれまでは一生懸命子供の面倒を見ようかな…と、何となく心の底から喜びが湧きあがってくるのです。実際には束縛があるの 次の

Billet du jour

中道 中庸


によって ジン


Textes fondamentaux

十王信仰

『預修十王生七経』が説くのは、生七斎と七七斎という二つの仏教儀礼の功徳である。このうち、生七斎は、生者が自身の没後の安穏を祈願して行う儀礼であり、その故に「預修」(または「逆修」)という用語が用いられる。本来の「十王経」は、生七斎を主とした経典であったと考えられる。生七斎の場においては、十王の位牌を安置し、十王を媒介して天曹・地府・冥官への上表文を奉るための紙と筆が、その位牌の前に供えられた。また、文書を送るための作り物の馬が並べられる。一方の七七斎の方は、亡者のための追福・修功徳として、遺族が執行する儀礼である。この二つの儀礼を合揉した「十王経」の主体は、次第に七七斎の方へと力点を移して行くこととなる。しかしながら、回向による功徳の振り分けは、全体を七等分して、生者が六分、亡者には一分が割り振られると説かれている。この配分は、『預修十王生七経』のみならず、『灌頂随願往生十方浄土経』(略称として『灌頂経』)や『地蔵菩薩本願経』でも説かれるところである。 日本では『地蔵菩薩発心因縁十王経』(略称として『地蔵十王経』)が作られ、平安末期に末法思想と冥界思想と共に広く浸透した。『地蔵十王経』中には、三途の川や脱衣婆が登場し、「別都頓宜寿(ほととぎす)」と鳴く鳥が描写され、文章も和習をおびるなど、日本で撰せられたことをうかがわせる面が多分にある。冥界思想の浸透については源信が記したと 次の


仏教

紙説法 ビヨン ザ リバー/御清め塩

 古来、塩は海水の水分を蒸発させて作ってきました。その塩を作っていた塩田の面影はなくなってしまいましたが、ほんの三十数年前には予讃線の宇多津駅を通過するころ、海岸に広がった塩田があり、その光景を懐かしく思い出します。しかし、その塩田も埋め立てられ、今は街の下になり、往時をしのぶことはできません。  塩は、人間が生きていく上で不可欠なものです。また、砂糖とともに料理の味を決める重要な調味料にもなります。  そんな塩ですが、お葬式の時にお悔やみにまいりますと、香典返しと一緒に必ずと言っていいほど「御清め塩」をいただきます。この塩で何を清めるのか、みなさんは疑問を感じられたことはないでしょうか。確かに自宅葬の場合、火葬場から帰宅すると、親族が家に入る前に、玄関先で身を清める光景が見られたものです。  真言密教では、人間をはじめ、この世に存在するあらゆるものは普遍にして永遠なる大日如来の分身であると考えます。また、われわれは過去から未来に向かって連綿と続く生命帯の一部を受け持って生まれ、この世で生活し、死して元に帰ってゆくと説きます。  という訳で、死は決して不浄ではなく、仏教の葬送においては塩で清める作法はありません。お葬式に参列したからといっ 次の

最後の記事

莫高窟

莫高窟 歴史 敦煌市の東南25kmに位置する鳴沙山(めいささん)の東の断崖に南北に1,600mに渡って掘られた莫高窟・西千仏洞・安西楡林窟・水峡口窟など600あまりの洞窟があり、その中に2400余りの仏塑像が安置されている。壁には一面に壁画が描かれ、総面積は45,000平方メートルになる。敦煌石窟・敦煌千仏洞と言った場合、広義ではこの全てを含むことになるが、歴史・規模・内容全てに渡って莫高窟が圧倒しているために敦煌石窟・敦煌千仏洞と言った場合でも莫高窟のことを指すのが普通である。 作られ始めたのは五胡十六国時代に敦煌が前秦の支配下にあった時期の355年あるいは366年とされる。仏教僧・楽僔(らくそん、僔は人偏に尊)が彫り始めたのが最初であり、その次に法良、その後の元代に至るまで1000年に渡って彫り続けられた。現存する最古の窟は5世紀前半にここを支配した北涼の時代の弥勒菩薩(みろくぼさつ)象で足を交差しているのは中央アジアの影響を受けている。それ以前のものは後世に新たに掘った際に潰してしまったようである。窟のうち、北部は工人の住居となっ 次の