Buddhachannel : le portail du bouddhisme dans le monde

アンケート


Voter According to you, buddhism is :


記事

論説

日本人の科学教信仰

Le 2014年10月17日,   Buddhachannel Japan

アメリカ人の半分近く、45%が、人間は1万年前、神によって現在の姿に作られたと信じているという。かれらは現在の人間がサルから進化したという科学的常識を否定するのである。(2004年11月ギャラップ調査)  メキシコでは、同じような調査は知らないが、おそらく45%という比率はグンと上がって、70%位には行くのではなかろうか?  かれらは90%までがカトリック信者で、キリスト教徒として洗礼を受け、日曜ごと教会へ行って神父の説教を聞き、伝統的な宗教習慣にのっとって生活している。成長して高等教育を受けるようになると、だんだん科学的に物事を見るようになり教会へも行かなくなるが、それは全体からすれば少数派だ。  さてそれでは日本人はどうかと言うと、9割近く自然科学的な進化論を信じているのではないかと思う。今、お寺の檀徒になっている人は人口の8割くらいだろうか。七五三とか元旦には、これまた80%以上の人たちがお宮参りをするそうだ。  仏教と神道(しんとう)をごちゃ混ぜにした信者が多そ 次の

ユーモア

Zem — « Arthur ! Réfléchis, nom de d’là ! Ça a une certaine importance… » (Boris Vian)

plus d articles

今週の記録

お茶と宗教(仏教、道教など)

中国茶の歴史でも書いてあった「茶興於唐、盛於宋」という説があり、唐の封演の『封氏聞見記』巻六によると:「開元中、泰山霊岩寺大興禅教。學禅務於不寐、又不夕食、唯許飲茶。人自懷 (...)


日本人は、昔から "思いやり"を大切にしてきました

人の心の温かさを感じられない、殺伐としたニュースが、毎日のように報道されています。


愛と思いやりに満ちた人生とスピリチュアリティの実践

わたしたちの人生におけるすべての苦悩の源はマインドにあります。わたしたちの人生に対する基本的な姿勢や思いこみが、世界において何を経験し、いかに交流するかということを方向づけ (...)


写真は、デー


Evénements

「京の七夕」オール京都で開催 光るボールで天の川作る

京都府や京都市、京都仏教会などが8月6〜15日に京都市内の堀川と鴨川周辺で初めて開く新イベント「京の七夕」の実行委員会が29日、上京区内であった。参加者が堀川に光るボールを放流し「天の川」を創出するイベントなど詳細計画を決めた。  「京の七夕」は、春の「花灯路」と同様、「オール京都」体制で集客を目指す取り組み。堀川会場(一条戻橋-押小路橋)では、参加者がLED(発光ダイオード)を埋め込んだ光るボールを堀川に放流し「光の天の川」を演出するほか、放置竹林の竹と照明を組み合わせた全長80メートル巨大アーチなどのアート作品も展示する。  また、鴨川会場(御池大橋-四条大橋)では、伝統産業品とLEDを組み合わせた作品展示や友禅流しの実演などを行う。会場周辺の商店街などでも多彩な共催イベントを実施する。  全国から「願い」を集める「絵はがき短冊」も、26日時点で約1万6千枚販売され、夏の新しいイベン 次の


ヂィレクトリ

唐招提寺-金堂大修理

TBSは、11月3日午後7時55分から、唐招提寺(奈良市)の歴史にスポットを当てた「JNN50周年記念 歴史大河スペクタクル 唐招提寺1200年の謎 天平を駆けぬけた男と女たち」を放送する。10年に及ぶ同寺金堂(国宝)の解体修理に到着したドキュメンタリーと、歴史ドラマで構成する約3時間の大型番組だ。  西野哲史・制作プロデューサーは「天平時代はテレビで取り上げる機会が少ないだけに、ドキュメンタリー映像とドラマで相互に情報を補完し、当時の人間の息づかいが伝わる番組にしたかった」と、ねらいを語る。ドラマは、8世紀後半の政治や仏教界の主導権争いを軸に、日本に仏教を根付かせるため、寺の創建に情熱を注いだ鑑真と弟子らの足跡をたどる。 2006年夏には、修理中の正面扉の外側から古代建築では例がないという創建当初のものとみられる極彩色の花の文様が見つかる。そうした情報を基に、番組ではコンピューターグラフィックス(CG)創建時の美しい建物の全容をテレビで初 次の

最後の著者

Buddhachannel Japan

info@buddhachannel.tv 0033 (0)1 42 56 11 95 次の


Articles et Conférences

日本人と神社の関係、これからの役割は

日本人の生活と深く結びついてきた神社を海外の人はどう見ているのだろうか。第3回となった「伝統文化継承トークフォーラム」(日本舞踊芸術文化協会主催、観光庁、毎日新聞社後援)が1月28日に神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮で開かれた。同八幡宮の〓田茂穗宮司とドイツのフォルカー・シュタンツェル駐日大使、日本舞踊葵流家元の葵七皆さんの3人が日本人と神社のかかわりやこれからの役割などについて熱心に語り合った。【司会は元テレビ東京アナウンサーの槇徳子さん、写真は高岡弘さん】 ◇「神道の神髄」共存共栄を--葵さん ◇自然と一体、独特の信仰--シュタンツェルさん ◇環境保全へ、境内で植樹--〓田さん --宮司は海外活動に熱心ですが、きっかけはなんですか。 〓田茂穗宮司 13年ほど前、宮司になったころに米国の大学の先生方が日本文化を知りたいと来られましたので、桜の散り際は美しいという話をしましたら、女性の先生が神道の戦争責任についてさかんに言われたことが発端です。神道は民族宗教ですから、国境を越えていかない。ですからこちらから出かけていって真実を知ってもらう必要がある。バチカンへ行って平和の祈りをしたときに、本当に真剣な祈りは宗教や形式を超えて、互いに共鳴しあうと感じ 次の

Billet du jour

中道 中庸


  ジン


Textes fondamentaux

四諦 (したい)

釈迦はさとりを得た後、ベナレスの鹿野苑において、初めて五比丘のために法を説いた(初転法輪)。この時、この四諦を説いたと言われ、四諦は仏陀の根本教説であるといえる。四諦は釈迦が人間の苦を救うために説いた教えであり、あたかも医者が、患者の病気の何であるかをよく知り、その病源を正しく把握し、それを治癒させ、さらに病気を再発しないように正しく導くようなものだ(応病与薬)と言われている。 釈迦は初転法輪において、まず迷いの現実が苦であることと、その苦は克服しうるものであることを明らかにした。しかも、苦は単に苦として外にあるのでなく、我々がそれをどう受け取るのかで変わってくることを説いて、「煩悩」こそがすべてを苦と受け取らせる原因であることを明らかにした。したがって、この煩悩を正しく処理すれば、苦に悩まされない境地をうる。その道こそ、いっさいの自己愛を捨て、他に同化することにあるので、その根本は自己の本姿に徹することである。つまり、本来、執着すべきでない自己に執着することこそ、苦の原因である。この「苦」を滅して涅槃の世界に入る方法こそ「仏道」である。 四つの真理 苦諦 苦諦(くたい、duHkha-aaryasatya)とは人生の厳かな真相、現実を示す。「人 次の


仏教

第180回仏教講演会

第180回仏教講演会 24日13時50分、広島市中区中島町の広島国際会議場フェニックスホール。奈良県の興福寺の多川俊映(たがわ・しゅんえい)貫首が「遠い道 まわり道」と題して講演する。 無料。 問い合わせは広島観音会(082・252・7003)。 朝日新聞 より "); //]]>--> 次の

最後の記事

本膳料理

鎌倉時代、武家の間には「椀飯」という正月に御家人から将軍に料理を献上する儀式があった。当初は鯉一匹など簡単な物であったが、室町時代になり武家の経済的政治的優位が確立し、幕府政治の本拠地も公家文化の影響が深い京に移るに至って、料理の品数も増え、料理自体にも派手な工夫が凝らされるようになった。特に室町幕府の将軍を接待する「御成」が盛んになってからは次第に宴会料理の形式が整えられていった。ここに本膳料理が成立したと考えられる。 式三献、雑煮、本膳、二の膳、三の膳、硯蓋からなり、大規模な饗宴では七の膳まであったとの記録もある。ただし、特徴的なのはこうした膳の多くが「見る」料理であり、実際に食べる事ができる料理は決して多くは無かった。この本膳料理は少なからず儀礼的な物であり、この後に能や狂言などの演技が行われつつ、後段と呼ばれるうどんや素麺といった軽食類や酒肴が出されて、ここで本来の意味での酒宴になった。なかには三日近く行われた宴もあったようだ。 献立としては一汁三菜、一汁五菜、二汁五菜、二汁七菜、三汁五菜、三汁七菜、三汁十一菜などがあったとされる 次の