Buddhachannel










Instagram








Bouddhisme

Dernier ajout : 18 septembre 2018.

茶文化研究家朴東春(バク・トンチュン)野生緑茶畑

韓国の茶文化の中興祖(中始祖)である草衣禅師(1786~1866、朝鮮後期の大禅師として韓国の茶道を定立した方で、茶聖と呼ばれています。)茶脈を引き継いだ応松和尚(俗名朴英煕、1893〜1990)を恩師として茶を接するようになってから20余年を ‘茶脈守り’で暮して来た東アジア茶文化研究所所長朴東春氏

記事のすべてのバージョン:

お茶と宗教(仏教、道教など)

中国茶の歴史でも書いてあった「茶興於唐、盛於宋」という説があり、唐の封演の『封氏聞見記』巻六によると:「開元中、泰山霊岩寺大興禅教。學禅務於不寐、又不夕食、唯許飲茶。人自懷挾、到處煮飲。從此轉相倣效、遂成風俗。」とあります。座禅中の眠気を追い払う為に、飲茶だけが許可されたようです。

記事のすべてのバージョン:

「日本は利川五層石塔を返還せよ」曹渓宗も加勢

日帝強占期に奪われた京畿道利川(キョンギド・イチョン)五層石塔還収運動に仏教界が協力することにした。利川五層石塔還収委員会(委員長イ・サング利川文化院長)は来週、チャ・スン曹渓宗総務院長に会って石塔還収運動に曹渓宗次元の支援を要請する計画だ。

記事のすべてのバージョン:

仏教の歴史散策

太和九年(四八五)頃、長楽王秦州刺史の穆亮(ぼくりょう)が敦煌の鎮将に任ぜられた。穆亮は「政治を寛簡にし、窮乏を賑じゅつ」したので、敦煌はようやく安寧の機を得た。しかし当時、柔然の力はなお大きく、敦煌周辺は不安定で、たとえば敦煌の人・宋雲と恵生が仏教発祥の地である天竺に赴いたとき(五一八〜五一一二)、わざわざ現在の青海省を経由していることからみても、六世紀の初頭に至っても敦煌と西域の交通は必ずしも順調とはいえなかった。

記事のすべてのバージョン:

敦煌文献 (とんこうぶんけん)

敦煌文献とは、1900年に敦煌市の莫高窟から発見された文書群の総称です。長らく莫高窟の壁の中に封じられていたものが、道士・王円籙(おうえんろく、籙は竹冠に録)により偶然に発見されました。唐代以前の貴重な資料が大量に保存されていって、その学術的価値の高さより「敦煌学」と言う言葉まで生まれました。

記事のすべてのバージョン:

隋・唐の仏教

六世紀末、隋王朝が中国を統一した。そして短命に終わった隋に次いで七~一〇世紀に東アジア全体に勢力を拡大したのが唐王朝であった。この時代は様々な宗派が相次いで誕生し、それらの論争も華々しく繰り広げられ、中国仏教史の絶頂の時代であった。

記事のすべてのバージョン:

宋代から清代まで

 隋唐代に次いで、中国の王朝は宋、元、明、清と交替します。中国仏教史の中で、この時代は隋唐代の隆盛には及ばないが、宗派などの思想的発展という面から見ると、大蔵経の刊行も進み、民衆の中に仏教が根づいていった時期だと言えます。

記事のすべてのバージョン:

大乗仏教の発生

大乗仏教の登場以前から話をはじめよう。出家者は悟りによる輪廻世界からの解脱を目指し、在家者は布施などにより善行を積み、生天(昇天)を目指すというのが初期の仏教の教えであった。悟った者は「阿羅漢」と呼ばれ、これは当初は悟った弟子のみではなくブッダ自身をも指す呼称であった。つまり弟子の悟りとブッダの悟りが区別されてはいなかったのである。

記事のすべてのバージョン:

ダライ・ラマが75歳に、世界各地で誕生行事の予定

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世は6日、75歳の誕生日を迎えました。

記事のすべてのバージョン:

仏教の宇宙観を紹介

「仏教の宇宙観と死生観」を探る特別展が、京都市伏見区の龍谷大深草学舎至心館で開かれています。

記事のすべてのバージョン:

0 | ... | 30 | 40 | 50 | 60 | 70 | 80 | 90 | 100 | 110 | ... | 220