Buddhachannel










Instagram








Bouddhisme

Dernier ajout : 18 septembre 2018.

中国仏教史 (六)

明代には、儒・仏・道の三教の融合がいっそう進んだが、とりわけ儒仏の融合が著しく進んだ。明代の僧には、儒教、特に陽明学派と交渉をもつものが多かった。また、仏教側からだけでなく、儒教側からも、儒仏融合を支持するものが多くあらわれるようになった。

記事のすべてのバージョン:

中国仏教史 (五)

契丹が中国的な君主専制体制を確立するためには、従来の氏族制を打破する必要があった。また、遼の領域内には漢民族や渤海人も多く、国家の安定のため、領域内の諸民族、特に契丹人と漢民族との融和をはかる必要があった。遼は、内陸部の経済的・文化的発展のため、内陸部に漢民族を移住させる政策をとったが、このときにも、移住先に仏寺を建設するなどしている。

記事のすべてのバージョン:

中国仏教史 (四)

唐代は、律令格式が整備され、それに基づく体制が整えられた時代であった。仏教関係の条目の基本であった道僧格をはじめ、出家者の犯罪等、仏教に関係する事柄についても規定が設けられていた。

記事のすべてのバージョン:

中国仏教史 (三)

隋代には、仏教界にも大きな動きがあった。前述の通り、北周の廃仏を契機に、その反動、危機意識から、仏教復興の運動が巻き起こっていた。また、南北仏教が統一されたことは、中国仏教界に大きな刺激を与えた。

記事のすべてのバージョン:

中国仏教史 (二)

中国仏教の初期段階の時代には、仏は、黄帝や老子と一緒に信仰され、また、この二者と同様、神として祀られた。前述の伊存は、仏教と老子の教えとには合致点があると述べており、また、明帝は楚王英について、「楚王は黄老(黄帝と老子)の微言を誦し、浮屠(Buddhaの音訳)の仁祠を崇び、潔斎すること三ヶ月、神と誓を為す」と述べている。

記事のすべてのバージョン:

中国仏教史 (一)

 中国では古来、さまざまな宗教、あるいは、それに準ずる思想が、信奉されてきました。インドから取り入れられてきた仏教も、その一つです。今回は、仏教の歴史を、非常に大雑把にではありますが、たどってみたいと思います。

記事のすべてのバージョン:

仏典の漢訳の問題

仏典は文字化された形で中国にもたらされたとは限らないようである。私は戒律が中国にどのように移入され、どのように大乗の戒律として整備されていったのかについて関心を持っている。それを調べているうちに不思議な記述を見つけた。

記事のすべてのバージョン:

旅する僧侶たち

大航海時代以降、列強諸国は領土的野心などもあって、多くの探検家を生み出した。間宮林蔵らによる北方探検の歴史があった日本も、一九世紀以降、数多くの探検家を輩出した。その目的の多くは列強諸国と同様であったが、求法を目的とする僧侶も多く含まれていた。そして、彼らの行き先は、ほぼ中央アジアやチベットに限られていた。

記事のすべてのバージョン:

日本仏教のゆくえ

日本の仏教は、アジアの中でも随分と異色のところが多い。第一に、僧侶の肉食妻帯。厳格な地域では一般の信者でも精進料理しか食べないのに、 僧衣を着た坊さんが平気で肉を食べているのは、随分と異様に見えるようだ。第二に、葬式仏教。仏教寺院というとふつうには墓地があり、僧侶のいちばんの仕事は墓地の管理をして、 葬式や法要をすることだと思われている。これも他の仏教国には見られない。第三に、神仏習合。神社でもお寺でも同じように参詣して手を合わせる。

記事のすべてのバージョン:

ダライ・ラマの誕生

一四世紀、チベットのツォンカの地に生まれた男児は、長じて偉大な学僧となり、出身地に因んでツォンカパと呼ばれた。そして、彼を慕う弟子たちによってゲルク派と呼ばれる新たな宗派が誕生した。この派の勢力が伸びるに従って他宗派、特にカギュー派の支派カルマ派との軋轢が大きくなったが、ゲンドゥンギャムツォはカルマ派の勢力を押さえてゲルク派の最高指導者となった。

記事のすべてのバージョン:

0 | ... | 20 | 30 | 40 | 50 | 60 | 70 | 80 | 90 | 100 | ... | 220