Buddhachannel










Instagram








Bouddhisme

Dernier ajout : 18 septembre 2018.

国民の90%以上が上座部仏教を信仰

タイではどんなに小さな村にも必ず寺院があり、黄衣をまとった僧侶をあちこちで見かけることができる。寺院は僧侶が修行する場所、祈りを捧げる場所としてだけでなく、集会所や学校の役割を果たすなど、人々の生活に密接に関わっている。タイを旅すればきっとあちこちで熱心に祈る人々を目にすることができるだろう。日本の仏教との違いを感じながら旅をするのも興味深い。

記事のすべてのバージョン:

三昧(さんまい)

三昧(さんまい、Samādhi, サマーディの音写)とは、仏教における禅、ヒンドゥー教における瞑想において、精神集中が深まりきった状態のこと。サマーディは三摩提、三摩地などとも音写される。

記事のすべてのバージョン:

三昧について (二)

三昧のもう一つの意味について述べてみたい。こちらは本来の意味から離れ、歴史的に成立した我が国特有の用法である。

記事のすべてのバージョン:

三昧について

「三昧」とはサンスクリット語の「サマディ」を音写したもので、れっきとした仏教用語である。サマディとは「心を静めて一つの対象に集中し心を散らさぬ状態、あるいはその状態に至る修練」だそうで、その「一つの対象」が「贅沢」や「放蕩」(他にもっといい例はないのか?!)だったりすると冒頭の例になる。仏教の宗旨からは外れるが、言葉の使用法としては決してまちがってはいない。

記事のすべてのバージョン:

仏様は、本当にいるのか?

宗教の嫌いな人、信仰が信じられない人などから、時々、神さんや仏さんというのは本当にいるのか?どこにいるのだ?いるなら連れてこい、などと言われることがあります。神さまは置いておいて、ここでは仏さまについて語ります。

記事のすべてのバージョン:

戒名の起源

インドで生まれた仏教はその後、南と北の二つの ルートに分かれて アジア各地に伝わりましたが、北の コースを辿った仏教 ( 北方仏教、または北伝仏教ともいう ) は、ネパール、チベット、中央 アジアなどを経由して、500 年後の西暦元年頃に シルク ・ ロード ( 絹の交易路 )を通る商人達により、中国にもたらされました。

記事のすべてのバージョン:

不思議な組み合わせ—100万本以上のビール瓶を使って建てられたタイの寺院

100万本以上のビール瓶を使って建てられたタイの寺院の紹介

記事のすべてのバージョン:

仏教の「家庭生活」

「この世のものはただ変滅するものである、と見て、在家にとどまってはならない」「子を欲してはならない。友人はもちろんである。犀(さい)の角のように、ただ独り歩め。交わり(家庭生活・結婚生活等の交わり)をしたならば、愛情が生じる。愛情にしたがって苦しみが生じる。

記事のすべてのバージョン:

国宝級「中尊寺経」一部 左京・檀王法林寺の経典2巻

京都市左京区の檀王法林寺に伝わる経典「集諸経礼懺儀(じゅうしょきょうらいさんぎ)」(上下2巻)が、平安時代後期に奥州藤原氏が作らせた経典「中尊寺一切経(いっさいきょう)」の一部であることが22日までに、仏教研究者らの調査で分かった。

記事のすべてのバージョン:

聖武天皇も着た?袈裟再現

正倉院宝物のひとつで、聖武天皇(701〜756)が身につけた可能性もある「七条織成樹皮色袈裟(しちじょうしょくせいじゅひしょくのけさ)」の復元模造品が完成しました。

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20 | 30 | 40 | 50 | 60 | 70 | 80 | ... | 220