Buddhachannel










Instagram








Bouddhisme

Dernier ajout : 18 septembre 2018.

大韓仏教曹渓宗

曹渓宗は、新羅末に中国から禅の伝授を受けて当時の仏教界を一新した迦智山門などの九山禅門を起源とします。その宗祖は韓半島(朝鮮半島)に禅法を最初に伝えた道義国師であり、高麗の普照国師と太古国師は中興の祖です。

記事のすべてのバージョン:

信仰心支える仏工の技

北陸は浄土真宗が盛んな土地柄だ。中興の祖、蓮如(れんにょ)が室町時代に吉崎御坊(ごぼう)(現在の福井県あわら市)に滞在し、布教に力を入れたのがそのルーツとされます。

記事のすべてのバージョン:

紙説法 ビヨン ザ リバー/御清め塩

江戸時代、讃岐の国では塩と砂糖、さらに木綿が特産で、それは「讃岐三白」と呼ばれて親しまれてきました。塩と砂糖は誰もが知っているのですが、木綿は意外と知らない人が多いようです。木綿の保多織は夏涼しく、讃岐の特産物として、今なお人気があるとのことです。

記事のすべてのバージョン:

経営者の心支えたい - 奈良・十輪院で得度

奈良市の十輪院(橋本純信住職)が開設した仏教相談センターを通じて信仰を深めた安堵町のコンサルタント会社経営、立道岳人さん(41)が同寺で得度しました。

記事のすべてのバージョン:

七五三

七五三は、平安時代の中頃に宮中や公家の間で行われていたお祝いが基になっています。現在のような形になったのは江戸時代からのようです。

記事のすべてのバージョン:

行水 と 阿含経

行水ぎょうずいこれはお経の中から出た言葉です。国語辞典でも"行水"と引くと、一番目の意味として「神仏に祈る前に、水を浴びて身を清めること」、二番目として「湯や水を入れたたらいに入って身体を洗うこと」と出ています。 (...)

記事のすべてのバージョン:

僧侶の呼名

日常、僧侶を呼ぶ場合、住職とか和尚が良く使われますが、宗派によって呼び方がちがいます。また漢字は同じであっても読み方が異なります。

記事のすべてのバージョン:

津和野・妙寿寺本堂で29日 音楽、DJ

津和野町後田の浄土真宗の寺院・妙寿寺で29日、クラブDJらによるイベント「SCHOOL OF TEMPLE」があります。

記事のすべてのバージョン:

5月の満月は特別!

日本でもすっかりおなじみとなったパワースポットの「マウントシャスタ」。

記事のすべてのバージョン:

行方不明とされていた文化財が国立博物館に? 

  第26代王・高宗の王妃(韓国:明成皇后)が使用していたとされるこのカーベットは、48頭分の豹の皮を繋いでできており、海外に不法流出した疑いがあるとして文化財の還収に力を入れている仏教界の市民団体が行方を追っていた。

記事のすべてのバージョン:

0 | ... | 90 | 100 | 110 | 120 | 130 | 140 | 150 | 160 | 170 | ... | 220