Buddhachannel

Culture

Dernier ajout : 28 janvier 2017.

新茶前線は、北へ、東へ、そして南へ

新茶のタイプを紹介します。

記事のすべてのバージョン:

宗教結社

多くの宗教結社の目的は、背景の宗教とは無関係に、呪術的な病気治療といった現世利益的なものであった。厳格な戒律、相互扶助なども共通して見られる特徴である。

記事のすべてのバージョン:

矢田地蔵縁起

ある時、閻魔大王が、「自分には三熱の苦しみがある。この苦しみから離れるために菩薩戒を受けたいので、適任者を探すように」と篁に命じた。篁は、満米上人にこの話を伝えて、閻魔庁に案内し、閻魔大王に菩薩戒を授けたという。

記事のすべてのバージョン:

韓国の寺院

韓国の寺院は禅宗が伝わって以来、大部分が山地伽藍の形態を取るようになりました。建築物の規模と空間配置の形式を決めるにあたって、山勢との調和を重視しました。それで華麗ではないが、自然と融和した優美さと独特の風情が感じられます。

記事のすべてのバージョン:

アショーカ王柱

マウリヤ朝第3代アショーカ王(在位BC.268-232年頃)は、インド亜大陸を統一した後、武力による征服を悔いて、法(ダルマ)による国家統治を心がけた。その法(ダルマ)を国民に知らしめ、守らせるために数種の法勅文を刻み領内各地に石柱を建てた。石柱はアショーカ王柱と呼ばれ、当初は30本あったが、法勅を刻んだもの10例を含め16例が遺る。

記事のすべてのバージョン:

中国茶の歴史(二)

中国茶の歴史の紹介

記事のすべてのバージョン:

中国茶の歴史(一)

中国茶の歴史の紹介

記事のすべてのバージョン:

日本における仏教の巡礼

平安時代の源氏物語に見られるような、貴族階級による願掛けを中心とした神社参詣がその初期形態ではないかとされ、その後仏教の末法思想の流行により、後白河法皇の熊野詣でなど浄土信仰を背景とした極楽往生を願う巡礼へと変化し、中世に入ると、戦乱や貧困の中で一般階級による巡礼も行なわれるようになった。近世に入ると平和な世の中を反映して、人々は現世利益を求めるようになり、旅行の要素も加わって大衆化した。伊勢神宮などの大寺社では御師(おんし)と呼ばれるツーリストが誕生し、宿坊と共にそれぞれの担当地域の巡礼者を案内していた。

記事のすべてのバージョン:

日本の信仰及びその歴史

日本の信仰及びその歴史の授業について

記事のすべてのバージョン:

円教寺:開祖・性空の遺骨?発見 骨つぼ納めた木箱公開--姫路であすから

円教寺の開山堂床下から開祖・性空(しょうくう)のものらしい遺骨が発見されたことを受け増した。

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20 | 30 | 40 | 50 | 60 | 70