Buddhachannel

Les Centres

Dernier ajout : 5 mars 2018.

日本の古寺めぐりシリーズ番外編

真福寺は、岡崎市真福寺町字薬師山というところにあり、正式名を霊鷲山降劒院真福寺という。天台宗のお寺。公式ホームページの由緒には、「推古天皇二年(594)物部の守屋の次男真福(まさち)が山の頂きより霊光かがやき端雲たなびくをみて不思議に思い訪れたところ、滾々と湧き出る泉を発見した。

記事のすべてのバージョン:

教王護国寺(きょうおうごこくじ)

東寺の伽藍は南大門を入って金堂、講堂、少し隔てて食堂が一直線に置かれ、左右に五重塔と潅頂院が配置されています。塀で区画された境内はそのままマンダラであり浄土です。我々はそこから様々なメッセージを汲み取ることができます。

記事のすべてのバージョン:

浅草寺について

浅草寺は東京都台東区浅草二丁目にある東京都内最古の寺院である。山号は「金龍山」。本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)。元は天台宗に属していたが第二次世界大戦後独立し、聖観音宗の総本山となった。

記事のすべてのバージョン:

修徳寺

大韓仏教曹渓宗の第7教区の本山として、『湖西の金剛山』といわれる徳崇山(トクスンサン)の斜面に位置し、当国最古級の建築物として国宝の指定を受けるところの『大雄殿』などを伽藍に有する。

記事のすべてのバージョン:

麻谷寺

麻谷寺は、慈蔵律師が創建した忠南の代表的な寺院である。高麗の普照国師が重建して仏法の大道場として法脈を継承し、朝鮮時代にも世祖がこの寺を格上げして、‘霊山殿’と賜額したことがある。水の流れと山の形勢が太極形というこの場所は択里志、鄭鑑録等の冊子で戦乱を避けることの出来る名所として挙げられるほど山勢が素晴らしいところなのである。

記事のすべてのバージョン:

龍珠寺

龍珠寺(ヨンジュサ、りゅうじゅじ)は大韓民国京畿道華城市にある寺院である。新羅46代文聖王16年(854年)に創建された。丙子胡乱で焼失したが 正祖大王の時に再建された。大韓民国国宝120号に指定された梵鐘がある。周辺には健陵と隆陵がある。

記事のすべてのバージョン:

曹渓寺

全国で最も大きな木造建物である大雄殿は、都心の中にあっても、寺院の情趣を充分に感じられる。1938年に完工された伝統寺院で、ソウル市有形文化財である。毎年10万名を超す外国人が訪れる寺院で、曹渓宗の中央宗務機関と韓国仏教歴史文化記念館が位置しています。

記事のすべてのバージョン:

もうつうじ (毛越寺)

もうつうじの紹介について

記事のすべてのバージョン:

西国三十三ヶ所観音霊場

西国三十三カ所観音霊場巡りの由来を紹介します。

記事のすべてのバージョン:

龍潭寺

風光明媚な奥浜名湖その北に位置し、豊かな自然、緑と花に抱かれた町、浜松市井伊谷、そこに萬松山龍潭寺がある。

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20 | 30 | 40