Buddhachannel

Les Centres

Dernier ajout : 13 novembre 2015.

向原寺(豊浦寺跡)

向原寺の紹介について

記事のすべてのバージョン:

清水寺

清水寺は法相宗(南都六宗の一)系の寺院で、広隆寺、鞍馬寺とともに、平安京遷都以前からの歴史をもつ、京都では数少ない寺院の1つである。また、石山寺(滋賀県大津市)、長谷寺(奈良県桜井市)などと並び、日本でも有数の観音霊場であり、鹿苑寺(金閣寺)、嵐山などと並ぶ京都市内でも有数の観光地で、季節を問わず多くの参詣者が訪れる。古都京都の文化財の一部としてユネスコ世界遺産に登録されている。

記事のすべてのバージョン:

仁和寺 (にんなじ)

仁和寺は光孝天皇の勅願で仁和2年(886年)に建て始められたが、同天皇は寺の完成を見ずに翌年崩御した。遺志を引き継いだ宇多天皇によって、仁和4年(888年)に落成し、「西山御願寺」と称されたが、やがて年号をとって仁和寺と号した。

記事のすべてのバージョン:

禅林寺(ぜんりんじ)

禅林寺は、京都市左京区永観堂町にある浄土宗西山禅林寺派総本山の寺院。一般には通称の永観堂(えいかんどう)の名で知られる。

記事のすべてのバージョン:

ごだいさん(五台山)

五台山(ごだいさん)は、中国山西省東北部の五台県にある古来からの霊山である。標高3,058m。仏教では、文殊菩薩の聖地として、古くから信仰を集めている。旧字表記では、五臺山。別名は、清涼山。2009年にUNESCOの世界遺産に登録された。

記事のすべてのバージョン:

大理石寺院

ラーマ3世の治世下の1826年当時タイの朝貢国であったラオスのアヌウォンが反旗を翻した際に書かれた記録ワット・レーム วัดแหลม あるいはワット・サイトーン วัดไทรทอง と言う名前で登場する。時代は下ってラーマ4世(モンクット王)の時代に勅命でワット・ベンチャマボーピットという現在の名前に近い名前が下賜された。

記事のすべてのバージョン:

暁の寺

ワット・アルンラーチャワラーラームは、タイ王国のバンコクにある寺院。アルンは暁の意味である。三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台ともなり、チャオプラヤ川の川沿いにたたずむ姿はバンコクを代表する風景にも数えられている。またワット・アルンは現在の10バーツ硬貨にも描かれている。一般にはワット・アルンの名でも知られる。また英語においてはTemple of Dawnと呼ばれているが、これが三島由紀夫の暁の寺の由来になったと考えられている。

記事のすべてのバージョン:

タイ北部様式の珍しい仏教寺院

タイ様式の仏教寺院には、布薩堂(本堂)、礼拝堂、鐘楼、仏塔、尖塔、書庫、僧侶の住居などの様々な形態がありますが、今日は、その中から、最も格式が高く、僧侶が儀式や宗務を執り行う 『 布薩堂 』(ウボソッツ อุโบสถ )、そして、庶民の誰もが自由に祈りを捧げることのできる 『 礼拝堂 』(ウイハーン วิหาร )を採り上げます。

記事のすべてのバージョン:

菩提の寺

ワット・プラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム=ラーチャウォーラマハーウィハーンはワット・ポー(วัดโพธิ์、「菩提の寺」の意)の名で有名なタイのバンコク・プラナコーン区にある王室寺院。黄金に輝く巨大な涅槃仏があり、涅槃寺とも呼ばれる事もある。

記事のすべてのバージョン:

タイの寺院と仏教遺跡を訪ねる

タイは言わずと知れた仏教国で、国民の95%が仏教徒だ。スリランカ・ミャンマーなどと同じ、「テラワーダ(上座部)仏教」。いわゆる小乗仏教である。至る所に色鮮やかな寺院があり、朝早くから、たくさんの熱心な信者がお参りしている。

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20 | 30 | 40