Buddhachannel










Instagram







Voyages

Dernier ajout : 27 juillet 2016.

voyages

莫高窟

莫高窟(ばっこうくつ)は中華人民共和国甘粛省敦煌市の近郊にある仏教遺跡。この中から出た敦煌文献でも有名である。敦煌石窟(とんこうせっくつ)・敦煌千仏洞(とんこうせんぶつどう)とも。1961年に中華人民共和国の全国重点文物保護単位に、1987年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。

記事のすべてのバージョン:

アンコール・ワット - カンボジア

アンコール・ワットは、カンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、遺跡群を代表する寺院建築。
サンスクリット語でアンコールは王都、クメール語でワットは寺院を意味する。大伽藍と美しい彫刻からクメール建築の傑作と称えられ、カンボジア国旗の中央にも同国の象徴として描かれている。

記事のすべてのバージョン:

猿橋—渡来文化 その美と造形

飛鳥寺・法隆寺や四天王寺などの建物ばかりでなく、各地の橋、堰、港、運河、ため池などの建設に大きな力を発揮した渡来人の事蹟が、「猿橋伝説」とともに千数百年の時を経て今もなお橋そのものの静かなたたずまいの中に残されている、故なしとしない。

記事のすべてのバージョン:

玄奘三蔵の旅

唐代の僧、玄奘三蔵は、興福寺や薬師寺などの法相宗へと繋がる系譜に位置づけられ、日本仏教との関わりも非常に大きい。また、『西遊記』の三蔵法師のモデルになった人物としても、よく知られている。出家していた兄の影響で、幼少の頃より仏典に親しんだ玄奘は、十三歳で出家し、その類い稀なる才能と深い学識によって名声を博していた。

記事のすべてのバージョン:

バイヨン-カンボジア

バイヨン (Bayon) は、カンボジアのアンコール遺跡を形成するヒンドゥー・仏教混交の寺院跡。アンコール・トムの中央付近にある。バイヨンの呼び方で広く広まっているが、クメール語の発音ではバヨンの方が近い。バは「美しい」という意味で、ヨンは「塔」の意味を持つ。

記事のすべてのバージョン:

アンコール・ワット

アンコール・ワットは、カンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、遺跡群を代表する寺院建築。
サンスクリット語でアンコールは王都、クメール語でワットは寺院を意味する。大伽藍と美しい彫刻からクメール建築の傑作と称えられ、カンボジア国旗の中央にも同国の象徴として描かれている。

記事のすべてのバージョン:

2012年、ラサにチベット初のグループホテルオープン

シャングリ・ラ ホテル ラサは、伝統的なチベット建築のモチーフを現代風にアレンジし、コンテンポラリーな空間に地元の美術工芸品やファブリックを配した内装が特徴。心地よさを追求する客室は、36平方メートル以上の広さを誇り、ほとんどの客室からはポタラ宮の眺めを堪能することが可能だ。チベットに伝わる歓迎の儀式を採り入れ、お茶の中にバターを入れて撹拌したバター茶でゲストを迎えるという趣向も楽しい。

記事のすべてのバージョン:

ボロブドゥール遺跡

ボロブドゥール遺跡(ボロブドゥールいせき、Borobudur)は、インドネシアのジャワ島中部のケドゥ盆地に所在する大規模な仏教遺跡で世界的な石造遺跡。世界最大級の仏教寺院であり、「ボロブドゥール寺院遺跡群」の一部としてユネスコの世界遺産に登録されている。

記事のすべてのバージョン:

ルアンパバーン郡

ルアンパバーン郡は、ラオス北部に位置する古都。過去にはタイ語からのローマ字表記が使われていたためルアンプラバンあるいはルアンプラバーンとも表記される。市街地自体が文化遺産としてユネスコの世界遺産(ルアン・パバンの町)に登録されている。

記事のすべてのバージョン:

プランバナン寺院群

プランバナン寺院群 (Candi Prambanan) はインドネシアにあるユネスコの世界遺産(文化遺産)の一つ。

記事のすべてのバージョン:

0 | 10