Buddhachannel










Instagram







Livres

Dernier ajout : 8 novembre 2016.

バカまるだし

正論!ハズレ馬券も経費    

記事のすべてのバージョン:

禅のこころ 

なぜいま禅ってどいうものですか?禅は言葉を否定し、能弁を嫌いからです。

記事のすべてのバージョン:

僧侶と哲学者―チベット仏教をめぐる対話

科学研究から精神の探究へ宗教なのか、哲学なのか?ブラックボックスの幽霊精神の科学?仏教の形而上学世界への働きかけと自己への働きかけ仏教と西洋宗教的精神性と脱宗教的精神性暴力はどこから生まれるか?

記事のすべてのバージョン:

坊さんは、葬式などあげなかった

「戒名は坊さんでなくてもつけられる」は、戒名不要論というよりも、人の一生とは名付けに始まり、名付けで完成する“文学”なのだなあと思わせる。どう生きたか、またどのように生きたいと願ったか。

記事のすべてのバージョン:

『日本神道史』

神道というと、戦前の強烈な国家神道の記憶があって、なかなか真摯(しんし)な研究や関心の向かない領域であった。そのため神道の歴史を古代から現代にいたるまで通史的に叙述することはあまりなされてこなかった。

記事のすべてのバージョン:

手塚治虫さんの「ブッダ」アニメ版に小百合が挑む!

漫画家・手塚治虫さんが最長のキャリアを費やした代表作として知られる「ブッダ」が、アニメ映画「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ! 美しく」として初めて映像化されることが6日、分かった。仏教を開いた釈迦の生涯を全3部作として映画化。ナレーションはアニメ声優約12年ぶりの吉永小百合(65)、主人公シッダールタの声は吉岡秀隆(39)が務める。来年5月28日公開。

記事のすべてのバージョン:

藤沢周さん:『波羅蜜』刊行 生死の闇掘り下げたノワール

作家の藤沢周さん(51)の長編小説『波羅蜜』(毎日新聞社・2520円)は、自身最長となる原稿用紙1000枚超の大作。生と死が明滅するような「ゲーム」に引き込まれる男を描きながら、現代社会における「人の死」への距離感を問い直す。「葬儀ディレクター」を主人公にした、エンターテインメント色豊かなノワール(暗黒)小説だ。藤沢さんに話を聞いた。

記事のすべてのバージョン:

円空の旅が絵本に「魅力を子どもにも」

児童文学者でもある堀野さんは40年ほど前、新任教員として旧洞戸村(現関市)の小学校に赴任。近くの神社で円空作の仏像に触れ、「いつか円空について書きたい」と考えていたという。

記事のすべてのバージョン:

住職50年の思いつづる 花巻・林さん「日記」出版

花巻市愛宕町の妙円寺住職、林正文さんは、住職歴50年を記念し「非戦 平和を願う住職日記」を出版しました。

記事のすべてのバージョン:

立松さん最後のエッセー集刊行 死の直前まで連載

2月に亡くなった宇都宮市出身の作家立松和平さんの最後のエッセー集「遊行日記」が出版された。

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20