Buddhachannel

Articles et conférences

Dernier ajout : 19 juillet 2016.

被災地支援を目的に 善光寺大本願で19日に演奏会

ダライ・ラマ14世の日本代表部事務所は19日、4月に起きた中国青海省地震の被災者支援を目的にしたコンサートを長野市の善光寺大本願で開きます。

記事のすべてのバージョン:

眞の末後の一句とは何か

徳山和尚はある日、食事の時間がいつもより遅くなったとき、それとは知らずいつも通りに持鉢(食器)を持って法堂の前にやって来た。
 すると食事の係であった雪峰和尚は、それを見て言った。 (...)

記事のすべてのバージョン:

話頭を参究する方法

今日の説法は、話頭を参究する方法について、お話いたします。話頭をどのように参究するのか、どのようにすれば話頭工夫がうまくいくのかについて、申し上げたいと思います。最近、国の経済が困難で、政治が混乱し、社会が混乱しているので、精神的な不安と苦しさを慰め、心の平和を求めるために寺院や修行処を訪れる方がたくさんいらっしゃるといいます。

記事のすべてのバージョン:

苦しみは聖なる真理

このようにお釈迦さまの在世中、さまざまな人たちが、人だけでなく神や動物たちも、お釈迦さまに会って自分たちの問題を解決していきました。お釈迦さまに失敗したケースはないのです。

記事のすべてのバージョン:

禅の本質と意味 (下)

人がこの世の中に生まれる時、貴い、賎しい、そんなのが書かれて生まれてくるのではないのだよ。「そのようなことは、多くを持ち力がある人たちが、お前のような者をこき使おうと作った制度であり、本来からそんなことがどこにあるか!」

記事のすべてのバージョン:

禅の本質と意味 (上)

私に与えられた題目は「禅の本質と意味」とあります。だから少し難しいですが、まず禅の本質について話をいたします。

記事のすべてのバージョン:

テレホン法話800話

山元町坂元にある徳本寺の住職早坂文明さん(59)は、20年以上もテレホン法話を続けています。

記事のすべてのバージョン:

パンチェン・ラマ11世、大昭寺で法要

中国仏教協会副会長でもあるパンチェン・ラマ11世は5日朝6時頃大昭寺(ジョカン寺)で、釈迦牟尼像に参拝し、ラサにある各寺に参拝する法要を始めました。

記事のすべてのバージョン:

法句経(真理の言葉)

「法句経』(ほっくきょう)、または『ダンマパダ』は、原始仏典の一つで、釈迦の語録の形式を取った仏典である。語義は「真理の言葉」といった意味であり、原始仏典の中では最もポピュラーな経典の一つである。『スッタニパータ』と共に原始仏典の、最古層の部類とされる。
パーリ語の日本語訳として、中村元著『ブッダの真理のことば・感興のことば』、友松円諦訳『法句経』が有名である。

記事のすべてのバージョン:

無心とは

現代科学的な要素として脳内物質に関しても触れながら、無心というものについてできるだけ深く考察をしてみましよう。

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20 | 30 | 40 | 50 | 60 | 70 | 80 | 90