Buddhachannel

Articles et conférences

Dernier ajout : 19 juillet 2016.

陰陽道

陰陽道は、陰陽の二気と木火土金水の五行の相互関係によって天文・自然などの諸現象を説明する、いわば素朴で非科学的な自然科学であるが、この陰陽五行説にもとづいて『易経』を占術に利用した易占や、経書を解釈しなおした讖緯説(しんいせつ)、あるいは人事が天に感じで祥瑞(しょうずい)や異変が生じるとする天人感応思想などをもその内容としている。わが国ではこれを、中国でかなり高度に発達していた天文学・暦学と並ぶ方術のーつとして採用したが、その体系的受容は、やはり六世紀に入ってからとみられる。

記事のすべてのバージョン:

戦後の東アジア仏教

戦後の朝鮮半島の仏教は、日本の支配と影響を否定し、朝鮮仏教復興の基礎を築くところから始まった。一九四五年一〇月に全国僧侶大会が開かれ、日 本が制定した寺院統制規則である寺刹令などを全面的に廃止して、新しい朝鮮仏教の教憲を決議した。

記事のすべてのバージョン:

原始仏典とは何か

仏教が重んじる仏典の数は膨大であるが、なかでも比較的成立が古く、ブッダの教えに近いと考えられているのが原始仏典である。ただし、ブッダの入滅後、数回にわたる結集(編纂会議)を経ていること、様々な付加や削除が行われていることなどを考慮するならば、原始仏典でさえ、ブッダの教えそのものを直接に伝えているとは言いがたい。

記事のすべてのバージョン:

仏性があるとはどんなことなのか

仏教では山川草木悉有仏性と説かれているそうですが、我々に本当に仏性などあるものでしょうか。自分の心を見れば見る程、仏性などあるようには思えません。仏性とはどんなものでしょうか。

記事のすべてのバージョン:

死を考えぬ私の人生観は間違いか

私も人間1度は死なねばならぬことぐらいは分かっていますが、毎日、死ぬ死ぬと思っていては楽しく生きられません。だから私は死をなるべく考えないように、明るく生きようと思っています。このような私の人生観についてご意見を聞かせてください。

記事のすべてのバージョン:

ネパール仏教文化の重要性

ネパール仏教は、釈尊降誕の国ネパールの首都カトマンズ盆地を中心に住むネワー民族が信仰する仏教で、サンスクリット大乗経典を所依の経典とする教派である。またチベット仏教とともに後期密教に属する。さて中国仏教とチベット仏教が自身の言語の大蔵経を持つ大乗仏教教派であるが、ネパール仏教はそれらの大蔵経のもとであるサンスクリット大乗経典を所依とする。そのためサンスクリット仏教とも呼べる。

記事のすべてのバージョン:

死のもたらすものは暗黒と消滅のみではないか

仏教は全人類に後生の一大事があることと、その解決の方法を教えるものであるといわれますが、近代合理主義の教育を受けた僕たちは、とてもそんな後生の一大事など認めることはできません。死のもたらすものは暗黒と消滅のみと思っていますが間違いでしょうか。

記事のすべてのバージョン:

「地獄絵」と「コンクリート仏像」-大須でトーク&スライドショー

愛知教育大学の美術教育講座美術史担当の准教授の鷹巣さんは、日本でも数人しかいないという「地獄絵研究家」。大竹さんの友人が鷹巣さんの教え子であるという縁から、昨年朝日新聞で連載していた大竹さんのコラム「幻の人形師浅野祥雲伝」を読んでいるいう話を聞いた大竹さんが鷹巣さんにコンタクトした。

記事のすべてのバージョン:

今月の法話

お釈迦様は人間が手に入れようとするそうしたもの全てをさして、「一切世間、動不動の法は全てこれ敗壊不安の相なり」と喝破されています。

記事のすべてのバージョン:

七波羅蜜-七曜日

三人の人が道を進んでいく途中、あるところに至ると、子を生んだばかりの虎が食べるものがなくて、精根が盡き果ててしまい死にかけていたのです。子達は乳を吸おうとするが、出るわけがないでした。

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20 | 30 | 40 | 50 | 60 | 70 | 80 | 90