Buddhachannel

Articles et conférences

Dernier ajout : 19 juillet 2016.

ヴィパッサナ瞑想のキホンを知ろう (三)

坐る瞑想のときは、楽な姿勢で坐ってください。ビルマでは、足は組まずに、すねを平行にします。足を組んで坐ると、血行が悪くなります。すぐに足が痛くなって、集中ができにくくなります。ですから足を組むのはあまりよくありません。坐ってみて楽な、リラックスできる姿勢なら、それが一番いいのではないでしょうか。

記事のすべてのバージョン:

ヴィパッサナ瞑想のキホンを知ろう (二)

お釈迦様の教えによりますと、4種類のマインドフルネスがあります。ここでいうマインドフルネスというのは気づいていることawareness、という意味です。注意力attentionともいいます。

記事のすべてのバージョン:

ヴィパッサナ瞑想のキホンを知ろう (一)

まず最初に、ヴィパッサナ瞑想の実際的な面についてお話しいたしましょう。その後、私の指示に従って、瞑想の実践に移っていただきます。

記事のすべてのバージョン:

ヴィパッサナーとはなにか

ヴィパッサナー瞑想というのは、耳慣れない言葉かもしれません。ヴィパッサナーというのは古代インドで使われていたパーリ語の単語です。

記事のすべてのバージョン:

木村泰賢博士の『原始仏教思想論』(第二篇第四章「業と輪廻」)を概説し、業と輪廻の正論を学ぶ

私たちの生活は、お釈迦様に言わせれば、決してこの人生一度のものではなくて、業の力によって、無始無終に相続していくものだという。その業の性質に応じて死後種々の境遇、様々な生命として生を受けるが、これを業による輪廻と名付ける。

記事のすべてのバージョン:

死がそんなに恐ろしいとは思えぬのはなぜか

我々に肉体の外に生命といわれるものがあると、仏教で教えられますが本当に肉体が亡びても、残る不滅の生命があるのでしょうか。僕は死ぬことをそんなに恐ろしいこととは思えないのです。これは死を観念的に考えているからでしょうか。後生の一大事ということが分かりません。

記事のすべてのバージョン:

仏教は独尊的な教えではないのか

釈迦さまは誕生なされた時に「天上天下、唯我独尊」といわれたそうですが、仏教はそのような独尊的な教えなのでしょうか。

記事のすべてのバージョン:

観仏思想と二重の統合

原始仏教以来の仏教の主流が自力で修行して悟りを開くことを目的とするのに対し、阿弥陀信仰は仏の力による救済を求める点において、異なった型の仏教を展開させている。

記事のすべてのバージョン:

パーリ語聖典

仏滅後100〜200年ころには教団は多くの部派に分裂し、それぞれの部派が各自の三蔵を伝持するようになった。それらはインドの各地の言語によっていたと思われる。

記事のすべてのバージョン:

福音書に相当する仏教書は?

福音書に相当する仏教書は?新約聖書の福音書に相当する仏教書は「スッタニパータ」なのでしょうか?

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20 | 30 | 40 | 50 | 60 | 70 | 80 | 90