Buddhachannel

Articles et conférences

Dernier ajout : 19 juillet 2016.

人は何のために祈るのか

昔から人は病気を怖がってきました。一番怖がったのは「死ぬこと」で、誰が怖がったかというとそれは死ななかった人でした。

記事のすべてのバージョン:

龍樹と鳩摩羅什

龍樹は西暦150〜250年頃の人で、ナーガールジュナ(Nagarjuna)という。インドのバラモン(婆羅門)の学問をすべて習得したのち仏教に転向して、当時の上座部仏教と初期大乗仏教とを学んで大乗仏教に傾倒し、あまたの諸経典に通暁し、初期般若経典の空をもって大乗仏教の地位を確立した大論師である。龍樹の功績はなんといっても、大乗仏教を体系づけ、理論武装して伝統的な小乗仏教に比肩するに値するものとならしめたことにある。

記事のすべてのバージョン:

自分の住むまちに仏国土を築くために、一体われわれに何ができるのか?

たいしたことは思いつきませんが、体験してきた範囲でいくつか思いつくものを列挙させて頂きます。体験をベースにするという意味で いつも以上に これ見よがしに自分の体験に触れています点 ご容赦下さい:

記事のすべてのバージョン:

稲葉先生から頂いた公案「仏国土の建設」(一)

仏国土の建設について

記事のすべてのバージョン:

大乗仏教は仏説か (一)

大乗仏教について

記事のすべてのバージョン:

仏教の教え落語で 瀬戸内・邑悠学級 吉田さんの講話楽しむ

瀬戸内市の高齢者学級が、同市邑久町尾張の中央公民館で開講。290人の登録があり、初回は桂米裕の芸名で落語家でもある吉田宥禅(ゆうぜん)・多聞寺副住職(矢掛町)の講話を楽しみました。

記事のすべてのバージョン:

人生はいつもお受験 (二)

人間以下の生き方から人間らしい生き方へ

記事のすべてのバージョン:

釈迦誕生日、夫婦の日

韓国語で「他人」という字から点を1つ消せば「あなた」になる。ところでこの「あなた」に点を付ければ再び「他人」になる。流行歌「もとの通りに他人」の歌詞だ。夫婦の縁を結んでも簡単に別れてしまう世相の自嘲的通察だ。韓国語なまりの英語の笑い話もある。

記事のすべてのバージョン:

人生はいつもお受験 (五)

先月からの、来世のお話を続けましょう。来世は、我々がキリスト教徒か、仏教徒かで決まるものではありません。浄土真宗か禅宗か、それで決まるものでも無いんです。上座仏教は阿弥陀様を信じていないから地獄ですよ、などと、そうい (...)

記事のすべてのバージョン:

三十三間堂本坊妙法院門跡門主 菅原信海

「神仏習合と日本の宗教」

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20 | 30 | 40 | 50 | 60 | 70 | 80 | 90