Buddhachannel

Articles et conférences

Dernier ajout : 19 juillet 2016.

宗教の存在意義とは?

今の時代、数多くの宗教が存在していますが、果たして本当に必要な団体、組織なのか?

記事のすべてのバージョン:

浄土・仏土

偶像崇拝は、本来の仏教ではないとか聞いたことがあります。でも、誰でも目に見えるものが欲しいですよね。特に、自分で高まらねばならない宗教では、その心のよりどころが具体的に仏像であり、仏土なのかもしれませんね。

記事のすべてのバージョン:

ベトナム仏教について

ベトナム仏教の歴史をごく簡単に紹介すると、ベトナムには当初、インドから仏教がもたらされたようである。しかし、インドで仏教が衰退しはじめると、中国経由で仏教が導入されることとなった。一般にベトナム仏教は臨済宗を基礎とする禅宗だと理解されているが、禅宗と浄土教が交じり合い独自の形を作ったものと理解して良いだろう。

記事のすべてのバージョン:

慈悲喜捨の冥想

慈悲喜捨の冥想について

記事のすべてのバージョン:

もうひとつの生き方

先月は、貪瞋痴を内包した子供のまま大人になるのではなく、身体の成長、年齢とともに、こころも大人になるべきだというお話をしました。貪瞋痴とはまったく異なる『もうひとつの生き方』について、具体的なお話を始めたところでした。

記事のすべてのバージョン:

釈迦と同時代の思想家たち

仏教が誕生した頃というのは、それまで大きな力を持っていたアーリヤ人とインド先住民族の混血が進んでいました。また商工業の発達等によって価値観も多様化していました。 そういった新しい時代の流れの中から、それまでの権威を認めない様々な思想家たちが誕生しました。当時は、仏教もそのなかのひとつだったのです。

記事のすべてのバージョン:

僧侶の立場から見た「内観」

「内観」は何か?ここでは、僧侶としての立場から内観について語ってみたいと思います。

記事のすべてのバージョン:

人生の目的は何か

どうせ何十年かたったら死んでしまうのだ。生きているうちに、したい放題をやったほうが得だ。

記事のすべてのバージョン:

一土一仏

仏教では、よく三千大千世界という言葉が使われています。三千大千世界とは、どのような世界であるかといえば、平川彰氏はその著「インド仏教史―上巻」に、次のように説明しています。

記事のすべてのバージョン:

親鸞の生涯 

驚きの新説

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20 | 30 | 40 | 50 | 60 | 70 | 80 | 90