Buddhachannel

Textes fondamentaux

Dernier ajout : 23 novembre 2016.

五種不翻

お経をサンスクリットから中国語にする翻訳作業で、五種不翻という考え方があります。これは次のような五種類にあてはまるときは翻訳をせず、原語のまま使うという三蔵法師が提唱した考え方です。今の日本で言えば、外来語をカタカナ表記するようなものです。中国にはカタカナがありませんので、漢字での音写となります。

記事のすべてのバージョン:

帰依文

帰依文真言について    

記事のすべてのバージョン:

十王信仰

仏教が中国に渡り、当地の道教と習合していく過程で疑経の『閻羅王授記四衆逆修生七往生浄土経』(略称として『預修十王生七経』)が作られ、晩唐の時期に十王信仰は成立した。また道教経典の中にも、『元始天尊説?都滅罪経』、『地府十王抜度儀』、『太上救苦天尊説消愆滅罪経』という同名で同順の十王を説く経典が存在する。

記事のすべてのバージョン:

ダンマパダ・第26章・415-423・最終

ダンマパダについて

記事のすべてのバージョン:

ダンマパダ - 法句経(ほっくきょう)(12-26)

ダンマパダというのは、パーリ語で書かれた有名な原始仏典の一つで、真理の言葉といわれています。般若心経の出来るよりも数百年前の仏典です。ダンマは、審理とか法と言うような意味で、パダは言葉と言うような意味です。法句経として貝葉から漢字に訳されています。 26の章に分類され、全部で423の短い詩でできています。般若心経とは異なり、最も少ない章は10の詩からできており、最も多い章は41の詩でできています。

記事のすべてのバージョン:

ダンマパダ - 法句経(ほっくきょう)(1-11)

ダンマパダというのは、パーリ語で書かれた有名な原始仏典の一つで、真理の言葉といわれています。般若心経の出来るよりも数百年前の仏典です。ダンマは、審理とか法と言うような意味で、パダは言葉と言うような意味です。法句経として貝葉から漢字に訳されています。
26の章に分類され、全部で423の短い詩でできています。般若心経とは異なり、最も少ない章は10の詩からできており、最も多い章は41の詩でできています。

記事のすべてのバージョン:

四弘誓願 -しぐせいがん

四弘誓願は仏教を信ずる者として、まず誓うべき四つの基本的な誓いです。

記事のすべてのバージョン:

『法華経』の説明

『法華経』の説明について

記事のすべてのバージョン:

百花春至為誰開(碧巌録)

ひゃっかはるいたってたがためにかひらく

記事のすべてのバージョン:

衆生の毒とは何か?

盤珪禅師が、或る説法で、衆生にとって毒となるものがあるといいました。それは何でしょう?

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20