Buddhachannel

Textes fondamentaux

Dernier ajout : 23 novembre 2016.

光明真言和讃

光明真言和讃の紹介

記事のすべてのバージョン:

妙法蓮華経 序品 第一

釈尊の教えを聴くため、多くの比丘衆、菩薩、バラモンの神々、鬼神、人間たちが王舎城の耆闍崛山(霊鷲山)に参集している。
一萬二千人の比丘衆(大声聞)
二千人の学・無学の比丘
六千人の比丘尼
八萬人の菩薩 (...)

記事のすべてのバージョン:

大蔵経

一切経とか大蔵経と呼ばれるものは、発行された時期と国により収録内容が異なります。当初ものは掲載するお経の基準が厳格に決められていましたが、後世になると後の研究者の論文も数多く収録されるようになります。 (...)

記事のすべてのバージョン:

懺悔文

『華厳経』ー 懺悔文 

記事のすべてのバージョン:

上善若水(老子)

じょうぜんはみずのごとし

記事のすべてのバージョン:

三法印

仏教の特徴をあらわす三つのしるし。
(1)諸行無常 あらゆるものは変化してやまない
(2)諸法無我 いかなる存在も不変の本質を有しない
(3)涅槃寂静 迷妄の消えた悟りの境地は静やかな安らぎである
  (...)

記事のすべてのバージョン:

十句観音経

『十句観音経』(じっくかんのんぎょう)は、仏教経典の一。別名を『延命十句観音経』(えんめい―)とも言うが、「延命」の二字を付け加えたのは江戸時代の臨済宗中興の祖といわれる白隠である(後述)。

記事のすべてのバージョン:

十一面根本陀羅尼

十一面根本陀羅尼について

記事のすべてのバージョン:

四諦 (したい)

四諦とは、仏教用語で、釈迦が悟りに至る道筋を説明するために、現実の様相とそれを解決する方法論をまとめた苦集滅道の4つをいいます。

記事のすべてのバージョン:

三千仏礼拝

年末行事に、たくさんの仏様の名前を唱える仏名会ぶつみょうえという行事があります。この行事は、知らず知らずのうちに作ってしまった罪などを懺悔さんげし、心身ともに清め、新年を迎える行事です。

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20