Buddhachannel










Instagram







Art Sacré

Dernier ajout : 5 janvier 2017.

インド最初期の仏教美術

バールフットは、インド中部マディヤ・プラデーシュ州サトナーの南15Kmにあった古代仏教遺跡で、インド仏教美術の最初期の作例。

記事のすべてのバージョン:

”仏像ガール”広瀬さん 浜松市中区で講演「優しい気持ち大切に」

「仏像ガール」で知られる広瀬郁実さんの講演会「仏像に会いにいこう」(中日新聞東海本社後援)が5日、浜松市中区下池川町の天林寺であった。寺の「仏教に親しむ会」の主催で、約100人の市民が耳を傾けた。 

記事のすべてのバージョン:

韓国仏教美術博物館

昌徳宮横の隠れた穴場!貴重な仏教美術品から韓国美を知ろう!

記事のすべてのバージョン:

絹の道に光 平山特別展開幕

平城遷都1300年を記念した特別展「シルクロード―奈良への道 平山郁夫展」が6月2日から7月14日まで、平山さんの故郷である尾道市瀬戸田町の平山郁夫美術館で開かれる。同美術館と朝日新聞社、中国新聞社の主催。

記事のすべてのバージョン:

刻んだ挑戦 父の下絵 — 左京で展覧会

京都の画壇から飛び出し、昭和を通じて仏教壁画を描いた杉本哲郎さん(1899〜1985年)。「孤高の宗教画家」の下絵は、バブル経済期をへて遺族のもとから散逸していたが、左京区の古書店主が約20点を買い集め、展覧会にこぎ着けた。

記事のすべてのバージョン:

金閣寺に63面の障壁画 故岩澤重夫氏の遺作

昨年11月に81歳で死去した文化功労者で日本画家の岩澤重夫氏が病床に伏す直前まで描き続け、遺作となった京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)客殿のふすま絵などの障壁画計63面が26日、報道陣に公開された。

記事のすべてのバージョン:

「平山郁夫展」 入場5万人

村に住む妹の中井喜美子さん(64)に誘われて同館を初めて訪れたという迫さんは、2001年に薬師寺(奈良市)の「大唐西域壁画」を見たのが平山さんの作品との出あいだったという。「5万人目に選ばれ、人生で一番幸せ。展覧会では仏教に関する絵やシルクロードの作品を見たい」と笑顔を見せた。

記事のすべてのバージョン:

お寺さん イメージ一新 金沢・真福院 芸術拠点に場提供

歴史的景観を残す金沢市芳斉地区で、由緒ある寺院を「芸術の拠点」として生かす取り組みが進んでいます。

記事のすべてのバージョン:

大谷探検隊の実像に迫る 3次隊出発100年、龍大で企画展

日本への仏教伝来の道を探るため、中央アジアに派遣された大谷探検隊の3次隊の出発(1910年)から100年を記念した企画展が20日、京都市下京区の龍谷大大宮学舎本館で始まりました。

記事のすべてのバージョン:

チベット仏師が描いた仏画に目入れ 

チベット仏師が描いた仏画に目入れ

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20 | 30 | 40