Buddhachannel










Instagram







Art Sacré

Dernier ajout : 5 janvier 2017.

龍門洞窟

龍門洞窟(りゅうもんどうくつ)は中国河南省洛陽市の南方13キロ、伊河の両岸にある洞窟寺院です。「龍門石窟」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。

記事のすべてのバージョン:

大日堂と舞楽

日本に現存する舞楽の中でも最も古い舞楽として大日堂舞楽は、何の由来ありますか?また、この雅楽の舞が一般の舞楽より、何を違いますか?

記事のすべてのバージョン:

ヒンドゥー教の美術

仏教美術が内的で静かな雰囲気を持つのと対照的に、ヒンドゥー美術は多様かつ躍動的で、外部に向かいほとばしるようなエネルギーを放っているのが特徴です。

記事のすべてのバージョン:

催馬楽(さいばら)

日本の伝統芸術ー催馬楽について

記事のすべてのバージョン:

浄土三曼荼羅

古来、浄土マンダラといえば、次の三種があげられる。 
(1)当麻マンダラ  
大和の当麻寺で天平7年(763)に蓮糸で織りだしたと伝えられるマンダラ。
(2)智光マンダラ   (...)

記事のすべてのバージョン:

ガンダーラ美術

ガンダーラ美術について:ギリシャ、シリア、ペルシャ、インドの様々な美術様式を取り入れた仏教美術として有名です。開始時期はパルティア治世の紀元前50年-紀元75年とされ、クシャーナ朝治世の1世紀~5世紀にその隆盛を極めました。

記事のすべてのバージョン:

サーンチー  

サンチの塔の紹介: インド古代史の上で最初の統一国家であるマウリヤ朝の最盛期を築いたアショーカ王は嵩仏王と呼ばれた。紀元前3世紀にアショーカ王は8万4千もの釈迦の遺骨(仏舎利)を安置する卒塔婆(ストゥーパ)を建立した。

記事のすべてのバージョン:

雅楽

 「雅楽」という言葉は、俗楽に対する「雅正の楽」という意味をもっていて、大宝令(701)で創設された雅楽寮(うたまいのつかさ)で所管された外来の音楽と舞を指していました。現在、雅楽という言葉は狭義ではこれら外来の音楽と舞(管絃・舞楽)のみを指す場合が多いのですが、正式には日本古来の音楽や舞(国風歌舞)や平安時代に新しく作られた歌曲(催馬楽・朗詠)を含めた総称を「雅楽」と呼びます。雅楽寮に始まるこれら雅楽の伝承は、現在の宮内庁式部職楽部(くないちょうしきぶしょくがくぶ:重要無形文化財団体指定/総理府技官)に至るまで、

1200年以上も形を変えることなく綿々と受け継がれています。また、現存する合奏音楽としては世界最古と言われており、その音楽的あるいは歴史的価値が高く評価されています。 

記事のすべてのバージョン:

お寺さん イメージ一新 金沢・真福院 芸術拠点に場提供

歴史的景観を残す金沢市芳斉地区で、由緒ある寺院を「芸術の拠点」として生かす取り組みが進んでいる。新たなハコモノに頼らず、自由な発想で「地域のお寺さん」を模様替えしようと、芸術や地域交流を研究するNPO法人金沢アートグミが企画。十五、十六両日には、第一弾として音楽演奏や茶会など市民参加型の催しを開く。

記事のすべてのバージョン:

天平のみほとけ (遷都1300年の物語伐)

天を突く怒髪、大きく開いた目と口。奈良市の新薬師寺本堂で邪悪なものから本尊の薬師如来坐(ざ)像を守るのは十二神将の伐折羅(ばさら)大将像だ。迫力たっぷりの姿は500円切手のデザインにも採用された。

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20 | 30 | 40