Buddhachannel











Instagram







Société

Dernier ajout : 12 juillet 2016.

ナツツバキ:鮮やか 梅雨空に清涼感

加古川市加古川町の鶴林寺(幹栄盛住職)でナツツバキの花が見ごろを迎えました。白い花弁と芳香は、梅雨空の蒸し暑さを忘れさせる清涼感を漂わせています。

記事のすべてのバージョン:

自殺に救いの声、寺が連携して電話相談

自殺の危機にある人を助けよう、というお寺の電話相談が東北に生まれている。自殺者が毎年3万人を上回る状況に仏教者が地域を超えて連携する、「命の駆け込み寺」づくりの全国運動の一環だ。

記事のすべてのバージョン:

「殉国の乙女」に平和誓う

戦時中、呉海軍工廠の空襲で犠牲になった女子挺身隊員らの墓標がわりになっている呉市警固屋の「殉国之塔」で22日、慰霊祭が営まれた。平和学習に取り組む地元の警固屋中の生徒も参加し、千羽づるや花をささげた。

記事のすべてのバージョン:

宝積寺で檀家ら、600株を植樹

甘楽町轟の宝積寺で13日、檀家(だんか)や近くの住民ら約60人が、駐車場の斜面に600株のアジサイを植樹しました。

記事のすべてのバージョン:

相次ぐ地蔵受難 本庄署管内 昨年9月から11件

16日午前9時ごろ、本庄市西五十子の不動寺で、山門脇に建立してある六地蔵のうち2体が壊されているのを住職(85)が発見、110番した。六地蔵は山門の両側に3体ずつあり、うち2体が倒され、1体は首が落ちていた。

記事のすべてのバージョン:

アンプは読経用、白幕は葬儀店から お寺でPV、盛況

勝利は仏様のご加護のおかげ? サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で日本がカメルーンを破った瞬間、山形県米沢市中央5丁目、西蓮寺本堂に「ニッポン」コールが響き渡った。

記事のすべてのバージョン:

インド・バット女史に庭野平和賞

1972年に「自営女性労働者協会(SEWA)」を組織。露天商や内職などで生計を立てる貧しい女性の生活向上のため、銀行が相手にしない1日に何十円単位の貯蓄・融資制度や、教育、育児制度を整えた。

記事のすべてのバージョン:

地鎮のつぼに魚の頭骨

興福寺南大門跡で出土したの鎮壇具(ちんだんぐ)を納めた須恵器のつぼから、カサゴの仲間の魚の骨の一部が見つかられました。

記事のすべてのバージョン:

「国民和解を」 タイ首相が呼びかけ

タイのアピシット首相は10日夕方のテレビ演説で、5月3日に発表した国民和解に向けた行程表(ロードマップ)の実現に向け、具体的な作業を始めると述べました。

記事のすべてのバージョン:

露の団姫「仏説落語の会」生きるヒント探る

大阪・天満天神繁昌亭で「「仏説落語の会」を初開催します。

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20 | 30 | 40 | 50 | 60 | 70 | 80 | ... | 140