Buddhachannel











Instagram







Société

Dernier ajout : 12 juillet 2016.

「ぜいたく僧侶」に批判の声=自家用ジェットに高級車−タイ

敬けんな仏教徒が多いことで知られる仏教大国タイで、サングラス姿の3人の僧侶が自家用ジェット機に乗り込み、座席に高級ブランド「ルイ・ヴィトン」のバッグが置かれている様子が動画投稿サイト「ユーチューブ」に掲載され、「ぜいたく」などと批判の声が高まっている。

記事のすべてのバージョン:

ブッシュ・ド・ノエル 美食と伝統

クリスマスの時期、人々の熱気で活気づくアルザス地方では、さまざまな言い伝えや伝統や神話、そして香りと味わいに満ちた素敵な世界が繰り広げられます。ここの人であろうとなかろうと、ヴォージュ山脈を越えるとすぐにその親しみやすい雰囲気を感じることでしょう。

記事のすべてのバージョン:

クリスマス

12月25日をキリストの誕生日として祝うこと。

記事のすべてのバージョン:

幸せの鍵は愛と慈悲の心 ダライ・ラマが長野で講演

長野市に滞在中のチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は20日、同市のビッグハットで仏教関係者や一般向けに講演した。

記事のすべてのバージョン:

お寺で「ぶっちゃけ」

真宗大谷派の浄慶寺(中京区御幸町通竹屋町下る)で社会問題や人生観などを自由に語り合う「ぶっちゃけ・問答」が100回を超えた。僧侶や寺関係者だけでなく、会社員や学生、主婦など、毎回、立場の異なる人々が集い、文字通り、胸の内を“ぶっちゃけ”合い、日々の生活の糧となる言葉や心の有り様を探る。

記事のすべてのバージョン:

元寇調伏、神風呼んだ?

蒲郡市丸山町の永向寺の県指定文化財「愛染(あいぜん)明王坐像」が、もとは鎌倉時代に石清水八幡宮(京都府八幡市)にあった、大小2体の由緒ある坐像のうちの1つで、数奇な運命を経て同寺にたどり着いたことが分かった。

記事のすべてのバージョン:

仕事帰りにサクッと座禅がシアトル流

世界的なスピリチュアル・ブームの中、心の内観であるメディテーション、つまり瞑想に引かれる女子が少なくないというのは当然の流れかもしれない。もともと、自然を愛し、世界平和を願うヒッピー文化が根付くシアトル。昨今、街のあ (...)

記事のすべてのバージョン:

<セカンドらいふ>今どきのお葬式  増える費用トラブル

「葬儀費用は初め五十万円と聞いたのに、請求は百三十万円。増額分は『実費』だと言われた」葬儀の事前相談業「リリーフ」(川崎市)の市川愛代表は、同様の相談を何度も聞いてきた。葬儀費用トラブルの多くが、葬儀社の事前の提示額と実際の請求額の差に関することだという。

記事のすべてのバージョン:

人間の生き方絵本で問う 

薬師寺(奈良市)の小林澤應(たくおう)録事は27日、仏教説話をもとにした絵本「佛説譬喩経(ぶっせつひゆきょう) 旅人の甘い蜜(みつ)」を出版したと発表しました。

記事のすべてのバージョン:

タクシン氏、61歳に ツイッターに「もうトシ」

タクシン氏、61歳に ツイッターに「もうトシ」

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20 | 30 | 40 | 50 | 60 | 70 | 80 | ... | 140