Buddhachannel










Instagram







Alimentation

Dernier ajout : 12 juillet 2016.

台湾素食——(たいわんそしょく)

台湾素食(たいわんそしょく)とは台湾の菜食主義料理です。元来は宗教的な理由で食べられていた精進料理であり、素食とは中国語で菜食の意味で「質素な料理」ではありません。それから、菜食主義は実際に何の意味を含めますか? (...)

記事のすべてのバージョン:

高野豆腐(こうやどうふ)

高野豆腐と呼ばれるに至ったのは、江戸時代に於いて高野山の土産物として珍重されたからとも言われている。江戸時代に於いては最も流通した物がその販売地、販売者の地名を冠することがあり、これもその一つである。

記事のすべてのバージョン:

お茶と仏教とロ・ヴー

お茶と仏教とロ・ヴーについて

記事のすべてのバージョン:

本膳料理

本膳料理は、室町時代から武家の饗応料理として発達したもので、江戸時代には本式の日本料理とされた。儀礼的な色合いが濃い料理であり、明治以降は衰退した。ちなみに、本膳料理の付随として派生・発展してきた料理に皿鉢料理がある。

記事のすべてのバージョン:

素食と健康

素食と書かれた看板が台湾の至る所で見受けられます。「粗食」なのかなと思って店の入り口をくぐると、けっこう豪華だったりします。実は、肉魚類、五葷 (ごぐん)といわれる食材(ねぎ類,にんにく,にら,らっきょう,あさつき)を一切使わない台湾式精進料理 だったのです。味も見かけも精進料理とは信じがたいほどの調理技術を駆使して作られていたのです。

記事のすべてのバージョン:

平安時代・鎌倉時代の料理

平安時代には、中国の影響を受けながら料理はいっそう発展しました。唐揚げや唐煮、唐菓子などの料理が登場し、中国風の納豆なども登場しました。 (日本料理の編)

記事のすべてのバージョン:

中国の精進料理

中国では精進料理を「素菜」、「素食」などと呼ぶ。中国の精進料理は後漢時代(1世紀)の仏教伝来と同時に生まれた訳ではありません。この文章はお坊さんに対して「素菜」、「素食」という料理を紹介します。

記事のすべてのバージョン:

醍醐味(だいごみ)

醍醐味(だいごみ)とは最上級の味を意味する。元は涅槃経に説かれる仏教用語である。醍醐とは現在でいうチーズのようなものと考えられており、涅槃経の中に説かれる五味相生の譬(ごみそうしょうのたとえ)で仏教の数ある経典の中でも涅槃経が最後にして最高のものであるとしてたとえられた。

記事のすべてのバージョン:

精進料理の歴史

仏教発祥の地インドのヒンズー教徒や仏教徒は牛を食べないことで知られているが、それ以外にも多くの宗教や民間信仰が存在し、その数だけ食の禁忌が定められている。

記事のすべてのバージョン:

春の椀種

3月の椀種は羽二重薯(はぶたえしんじょ)でしょう。魚のすり身を使った蒸し物で、はんぺんのようなものです。絹織物のように純白で艶があって舌さわりがなめらかです。 これに具と青味と吸い口を添えて清し汁にします。具に良く使われるの

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20