Buddhachannel










Instagram








Ecologie

Dernier ajout : 12 juillet 2016.

人間の倫理で自然を守れるか

パスモアは、自然に権利を拡張するのはお門違いで、それよりも未来世代に環境破壊の負荷を残すべきではないという立場である。従って、生態系や自然の保護というよりも、環境問題や資源問題への対処が課題として提示される。それでは従来から行われてきたテクノセントリズム(技術中心主義)と変わらないように見えるが、多くのテクノセントリストが特別な哲学や理論を持たず従来の常識の延長上で資源の保全を唱えているのに対して、パスモアは人間中心の保全論をヨーロッパの伝統や汚染の問題、人口問題、伝統の再考といった各視点から検討し、大きく解釈し直しているのである。

記事のすべてのバージョン:

環境の灯、根本中堂に 成安造形大生 ライトアップ参加

8月に比叡山延暦寺(大津市)の根本中堂で行われる恒例のライトアップの一部に、成安造形大(同)の学生たちが考案したオブジェの照明が使用される。琵琶湖のヨシを使用し、「環境」を意識した作品が根本中堂の中庭を飾る。

記事のすべてのバージョン:

5年ぶりにつぼみ付く 4日で散る古代のオオガハス

妙長寺のハスは、住職の青木健斉さん(63)が南方熊楠の孫弟子にあたる植物学者故樫山茂樹さんから10年前に種を譲り受けた。本堂の前に置かれた2つの水がめの中で育てられ、直径30センチほどの大きな葉が高さ約1メートル20センチに伸び、そのすき間から淡い桃色のつぼみが顔をのぞかせている。

記事のすべてのバージョン:

自然保護祈り知床で例祭 立松和平氏しのぶ

2005年に世界自然遺産に登録された知床半島に立つ知床毘沙門(びしゃもん)堂など三堂の第16回例祭が27日、北海道斜里町で開かれました。

記事のすべてのバージョン:

首相「環境・災害、東アジアで連携」 アジアの未来

鳩山由紀夫首相は20日、第16回国際交流会議「アジアの未来」(日本経済新聞社主催)の晩さん会で演説しました。

記事のすべてのバージョン:

アースデイ(地球の日)に始める:三つのエコロジー

今日、4月22日は「アースデイ」です。エコロジーに関して強度をもつ一日として、世界各地で認識され、その活動が行われています。

記事のすべてのバージョン:

輪王寺アースデイ

緑の大切さ、子供たちに ミュージカルで訴え

記事のすべてのバージョン:

奈良県“暮らし”と“環境”フェスティバル

環境保全の一環として、奈良県は来月に環境を守るものを中心にエコライフ体感を行う。

記事のすべてのバージョン:

土地と風土に潜む力

人間は地球環境の保護するためにどのように役割を果たしますか?自然を守るわけではいけないと言いますが、環境破壊が続きます。

記事のすべてのバージョン:

応挙寺 山門ピンチ 大木の根が影響

香美町香住区の大乗寺(応挙寺)の山門が、隣にそびえる大きなクスノキの影響で傾いている。

記事のすべてのバージョン: