Buddhachannel

同じカテゴリでは











Instagram





セクション

日本の東大寺鑑真座像、11月下旬中国へ里帰り

水曜日 2010年6月30日, によって ジン

Langues :

揚州市政府は29日、北京の釣魚台賓館で記者会見を行い、「日本奈良市の東大寺木造鑑真和上坐像が11月下旬、中国の揚州へ里帰りする」と発表しました。今年の11月26日―12月7日、鑑真和上坐像は揚州市の鑑真図書館で一般公開される予定です。

揚州市の王玉新副市長、中日友好協会の許金平副会長、日本中国駐在大使館の山田重夫公使は記者会見で挨拶し、「鑑真和上坐像 里帰り」について、詳しく説明し、里帰りの成功に祝福を送りました。


鑑真和上は、度重なる困難を克服して、日本に渡り、中国の文化と中国人の友情を日本に伝えました。活動の主催者はこのような「鑑真精神」を大きく発揚して、中日友好を推進することを希望しています。

 2010年は奈良唐招提寺の鑑真坐像里帰りの30周年でもあり、日本平城京遷都の1300周年にもなっています。5月23日、揚州市と奈良市は正式に姉妹都市を締結しました。揚州市政府と奈良市政府の協力合意によって、東大寺の鑑真和上坐像が今年の11月、中国(揚州市)へ里帰りすることになりました。

今回の「鑑真和上坐像 中国揚州へ里帰り」は、中国人民対外友好協会、中日友好協会、日中友好協会、日本奈良県政府、揚州市人民政府によって主催され、中華宗教文化交流協会、中国仏教協会、江蘇省人民政府対外友好協会、江蘇省仏教協会、揚州鑑真図書館の協力で開催されるものです。(取材:オウギ)


japanese.cri.cn より

フォーラム 会員だけ投稿可能

この掲示板に投稿する前に あなたは登録しなければなりません。あなたに与えられた個人的なIDを入力してくれてありがとう。もしまだ登録してないなら、あなたはするべきです。 登録者。

Connexion登録パスワードを忘れましたか?