Buddhachannel

同じカテゴリでは











Instagram





セクション

幸せの鍵は愛と慈悲の心 ダライ・ラマが長野で講演

木曜日 2010年8月19日

Langues :

長野市に滞在中のチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は20日、同市のビッグハットで仏教関係者や一般向けに講演した。ダライ・ラマを招いた善光寺(長野市)の主催。約6500人を前に、より幸せに生きる考え方などについて、ユーモアを交えながら説いた。

 ダライ・ラマは、人生を幸せにする鍵は愛と慈悲の心とし、「愛情深い心は自分への自信と他者への尊敬の気持ちにつながる」と述べた。一方、「怒りが生じ、『ひどい』と見えたことの90%は、心の中で自分がつくり出している」という仏教の教えにもある考えを紹介し、怒りや欲望が現実を見誤らせると強調。心の平穏を保ち、人間が持つ優れた知性を生かすことで、偏見のない正しい行いができ、間違った行いにも巻き込まれない-とした。

 会場との質疑応答では、自分が企画したチャリティー活動の収益金の使い方を尋ねた女性に「20世紀は流血と暴力の時代だったが、21世紀は対話と平和の時代にしなければいけない。若い世代が慈悲の心を高め、維持することを望んでいる」などと笑顔で答えた。死生観やリーダーの資質などについて若者が次々に質問したことにも喜び、「(質疑応答は)自分が考えてもみなかったことを知ることができる」と述べた。

 講演を聴いた長野市の主婦宮沢たつ江さん(55)は、他者との間に壁を設けず、世界のすべての人を自分の一部として考える話が印象的だったとし、「自分も(世界の)60億人の1人として何ができるか考えたい」と話していた。

 ダライ・ラマは21日、長野市の西方寺で営まれる法要に出席後、金沢市に向かう。

新毎jp から

フォーラム 会員だけ投稿可能

この掲示板に投稿する前に あなたは登録しなければなりません。あなたに与えられた個人的なIDを入力してくれてありがとう。もしまだ登録してないなら、あなたはするべきです。 登録者。

Connexion登録パスワードを忘れましたか?