Buddhachannel











Instagram





セクション

アショーカ王柱

金曜日 2013年4月5日, によって ジン

Langues :

ウラリヤー・ナンダガルに遺る一柱のみが完存する。また、サールナート出土石柱の柱頭は4頭の獅子が背中合わせ表現され、インド共和国の紋章になっている。石柱は、ベナレス近郊のチュナール産黄灰色砂岩を研磨し、継ぎ目のない一本柱(モノリス)の円柱に、インドの伝承に基づく四聖獣(象・牡牛・馬・獅子)の丸彫り彫刻を柱頭に載せる。

ヴァイシャーリーのストゥーパとアショーカ王柱



ヴァイシャーリーは古代インドの大都市で仏教八大聖地の一つ。仏典には、ここで仏陀が3ヶ月後の自身の死を予告したと伝える。ここに残る王柱には銘文がない。







アショーカ王柱の碑文




碑文には、「アショーカ王は、即位二十年をへて、自らここに来たり、親しく参拝した。ここでブッダ=シャカムニが誕生せられたからである。それで石で馬像を造り、石柱を造立せしめた。ここで世尊が誕生せられたのを記念する為である

サールナートのアショーカ王柱・四頭獅子柱頭

アショーカ王柱・四頭獅子柱頭(レプリカ、パキスタン、ラホール博物館)レプリカで本物(前3世紀後半、砂岩、高さ 213.5Cm)は、ブッダ初転法輪の地 サールナート博物館にある。柱頭は下から、蓮弁装飾、法輪・馬・牡牛・獅子・象を浮彫にした冠盤、四頭が背中合わせ表現された獅子像からなり、当初は獅子像の上に直径 約80Cmの法輪が取り付けられていたという。また、インド共和国の紋章になっている。

kawai51.cool.ne.jp/i-a’soka.html から



フォーラム 会員だけ投稿可能

この掲示板に投稿する前に あなたは登録しなければなりません。あなたに与えられた個人的なIDを入力してくれてありがとう。もしまだ登録してないなら、あなたはするべきです。 登録者。

Connexion登録パスワードを忘れましたか?