Buddhachannel

同じカテゴリでは

28 juillet 2017, par Le Refuge

Le Refuge

12 juillet 2016

Dojo Zen Kwan Um de Paris

29 de junio de 2016

Centro zen de México

10 mai 2016

Cité du Dharma

21 mars 2016

Dojo Zen de Lille











Instagram





セクション

修徳寺

木曜日 2010年6月17日, によって ジン

Langues :

修徳寺は、“修学と徳性を練磨する道場”、即ち禅法を寺院の正体として寺格を高めてきた。それに鏡虚禅師、満空禅師を中心として韓国の近代禅風を振作して1984年には徳崇叢林に昇格させた。修徳寺には、わが国で最も古くなった建築物の中の一つである大雄殿(国宝49号、高麗忠烈王34年(1308))があり、百済から始まったこの地域の仏教の源流と、時代とともに変化してきた過程を伺える本末寺の仏教文化財600余点を所蔵•展示している槿域聖宝博物館がある。

興りについての正確な記録は遺されていないものの、境内より百済の瓦が出土したことから、その起源は三国時代(紀元前1世紀~7世紀)の末期に遡るものと考えられている。一説によれば、百済の智明なる僧の開基で、599年に創建に至ったものという。


高麗の時代(918年~1392年)に今にも残る伽藍の配置が形作られ、同時代中の1308年にはその後に国宝の指定も受ける『大雄殿』が建造された。

やがて1865 年に宋満空禅師が復興を行い、これにより禅宗の修業道場となった。

時は下って1970年代になり、『一柱門(いっちゅうもん)』、鐘楼、『金剛門』などが建造され、今に示される当寺の寺観がしだいに形成されていった。

伽藍は徳崇山一帯を占有するもので、その山中に幾つかの子院や庵を有し、その門前には門前町を形成している。柱に如意珠を咥える竜頭を刻む『徳崇山修徳寺』と書かれた『一柱門』を入ると、高麗の時代の造営という石段にぶつかり、『祖印精舎(そいんしょうじゃ)』、太鼓楼、1973年落慶の鐘楼、高麗時代の建造という三層石塔などを配置する境内に到る。その奥に『大雄殿』を配する庭があり、僧の修行の場たる『青蓮堂(しょうれんどう)』に加え、七層石塔、『白蓮堂(びゃくれんどう)』などの事物を内に置いている。

創建日付 : 384年(百済枕流王元年)
住所 : 忠清南道礼山郡徳山面斜川里20番地
電話番号: 82-41-337-6565
ホームページの住所 : http://www.sudoksa.com

ウィキ から

フォーラム 会員だけ投稿可能

この掲示板に投稿する前に あなたは登録しなければなりません。あなたに与えられた個人的なIDを入力してくれてありがとう。もしまだ登録してないなら、あなたはするべきです。 登録者。

Connexion登録パスワードを忘れましたか?