Buddhachannel











Instagram





セクション

三大諍論(じょうろん)

水曜日 2010年5月26日, によって ジン

Langues :

慈悲の権化のような親鸞聖人に、激しい大諍論が3回もあったということは、信じられないことかもしれませんが事実なのです。これを聖人の三大諍論と言われています。

第1の諍論は、体失不体失往生の諍論といわれているものです。

聖人がまだ法然上人のお弟子であった時のことです。法然門下380余人の中でも、上足(じょうそく)と目されていた小坂の善慧房証空が

「念仏のお徳によって、死んだあとには極楽往生させていただけるのが、阿弥陀仏のご本願のありがたさであります」
と、大衆を前に、得意満面で説法していました。

みんな感心して聴いていましたが、親鸞聖人は思わず立ち上がり「しばらく待ってください」と、善慧房の説法に待ったをかけられました。

一同、何事だろうと聖人を凝視したのも無理はありません。

「親鸞殿、私の説法に何か異議でもござるのか」
ムッとした善慧房は詰問いたしました。

「ただ今、あなたは弥陀の本願は死後(体失)でなければ助けて(往生)くださらぬとおっしゃいましたが、この親鸞はただ今救われた(往生)ことを喜ばずにおれません。弥陀の本願は生きているただ今、助けてくだされる不体失往生でございます。1匹の馬が狂うと1,000匹の馬が狂います。あなたのような方が本願を誤られては、大衆ともに無間の火城へ転落しなければなりません」

聖人は、きっぱりとおっしゃっいました。
あまりにも鮮明な阿弥陀仏の救いを体験なされていた聖人にとっては、弥陀五兆の願行を水泡にし、釈迦の一切経をホゴにする、このような悪魔の説法はとうてい聞き流すわけにはいかなかったのです。


http://www.shinrankai.or.jp/nenpyo/11sandaijouron.htm から

フォーラム 会員だけ投稿可能

この掲示板に投稿する前に あなたは登録しなければなりません。あなたに与えられた個人的なIDを入力してくれてありがとう。もしまだ登録してないなら、あなたはするべきです。 登録者。

Connexion登録パスワードを忘れましたか?