Buddhachannel

同じカテゴリでは

29 juin 2016

Le Sûtra du Diamant

29 de junio de 2016, por Buddhachannel España

El Sutra del Diamante











Instagram





セクション

妙法蓮華経 序品 第一

金曜日 2015年4月17日

Langues :

釈尊の教えを聴くため、多くの比丘衆、菩薩、バラモンの神々、鬼神、人間たちが王舎城の耆闍崛山(霊鷲山)に参集している。

一萬二千人の比丘衆(大声聞)
二千人の学・無学の比丘
六千人の比丘尼
八萬人の菩薩
帝釈天とその眷族の二萬人の天子
四天王とその眷族一萬人
自在天子、大自在天子とその眷族三萬人
梵天王と凡転移属する一萬二千人の天子
八龍王と百千億の眷族である龍たち
緊那羅の四王と百千億の眷族
阿修羅の四王と百千億の眷族
迦楼羅の四王と百千億の眷族
マガダ国王の阿闍世王。


釈尊は、比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷に取り巻かれ、恭敬され、供養され、讃嘆された。釈尊は、菩薩に対する教えで、一切の諸佛の護持する大乗の無量義の教えを説く。そして釈尊は無量義の教えを説き終わると、無量義処三昧に入る。
その時、空からは美しい花々が佛のみ上に、すべての人々の上にも降り注ぎ、大地も感動に震え動き出す。そして、佛の眉間にある白い渦毛から白毫相より一条の光が放たれる。
その光は、東方の一萬八千の佛国土に普くおよび、すべての国土は、その光明の輝きによって照らし出された。この白毫相の光によって、すべての世界の様子が手に取るように見えてくる。その世に出現している諸佛の姿も見え、その諸佛の説く教えもはっきり聴き取ることが出来た。

弥勒菩薩は、この現象を不思議に思い、多くの聴聞衆を代表して、文殊師利法王子(文殊菩薩)にさまざまな偈(詩句)をもってその訳を尋ねる。

文殊師利法王子(文殊菩薩)は、弥勒菩薩と菩薩の大衆すべてに、この現象は、如来が大法を説く前兆であることを告げる。
日月燈明如来という過去における佛の物語を始める。この日月燈明如来は、声聞たちには四諦・十二因縁の法を説き、菩薩には六波羅蜜を説いた。このような日月燈明如来が同じ名・同じ家系で次々に、二萬の日月燈明如来が世に出現した。その最後の日月燈明如来には出家する前に八人の子どもがいた。この八人の子どもたちも出家し法師となっていた。その時に、日月燈明如来は無量義の教えを説き、その後無量処三昧に入った。天よりはさまざまな
散華によって供養され、世界は六種に震動した。如来の眉間からは白毫相の光が放たれ、東方一萬八千の世界を照らした。

会中に二十億の菩薩がいて、法を聴きたいと望んでいる。その中に妙光という名の菩薩がいた。日月燈明如来は、三昧を終わり、妙法蓮華・教菩薩法・佛所護念の教えを説き始める。この説法は、六十小劫の間説き続けられた。だが、聴衆にとっては、一回の食事をする時間くらいにしか感じられないものであった。

この『妙法蓮華経』を説いた日月燈明佛は、最後に徳蔵菩薩は浄身という名の佛になると授記して涅槃に入いる。 また、妙光菩薩は、日月燈明佛の後を継ぎ妙法蓮華経を説いた。そして日月燈明佛の八人の子どもたちも妙光菩薩を師としてみな佛に成った。八人のうち最後に成佛した佛を燃燈佛と言った。
また妙光菩薩には八百人の弟子がおり、その中にいた求名(ぐみょう、名声や利益を欲するもの)という名の弟子が、とりもなおさず弥勒菩薩の前身であると文殊菩薩は説いた。また、妙光菩薩は文殊菩薩自身であったことも説き明かした。
文殊菩薩は偈において、かつて名声・利益を求めた求名でさえも善根を積むうちに諸佛に会い、弥勒菩薩となり、またこの世においても釈迦牟尼佛に会うことが出来た。そしてさらに釈迦牟尼佛の教えを受けて、後の世に弥勒佛という佛になるであろうと説いている。

また、文殊菩薩は、釈迦牟尼佛の眉間から出た白毫相の光は、日月燈明如来の時と同じように、釈迦牟尼佛が法華経を説こうとしている印であり、一心に合掌して待つように伝える。
そして、佛は佛道を求めるのに様々な不安や疑問を持っていても必ずそれらを一掃してくれることを述べてこの品は終わりとなる。 二萬佛の最後の日月燈明如来(八人の子がいる。弟子に妙光菩薩がいる)

.sakai.zaq.ne.jp/piicats/hokkekyoujyo1.htm から

フォーラム 会員だけ投稿可能

この掲示板に投稿する前に あなたは登録しなければなりません。あなたに与えられた個人的なIDを入力してくれてありがとう。もしまだ登録してないなら、あなたはするべきです。 登録者。

Connexion登録パスワードを忘れましたか?