Buddhachannel

Les Enseignants

Dernier ajout : 14 mai.

普化禅師

唐の宣宗時代の大中年間(847〜859年)、普化(ふけ)という傑僧がいた。盤山宝積(ばんざんほうしゃく)禅師に師事して真訣を受け、あたかも狂僧のごとくふるまい、師の寂後は北地に遊んだ。常に手には一鐸を持ち、人を見るごとに振り歩いた。彼を顧みるものがいると、手をさしのべて「我に一銭を与えよ」と言ったという。また、振鐸しながら「明頭来也明頭打、暗頭来也暗頭打、四面八方来旋風打、虚空来也連架打」と唱える。意味は次のとおりである。

記事のすべてのバージョン:

隠元隆き

隠元隆きのこと

記事のすべてのバージョン:

玄奘大師

玄奘大師のこと

記事のすべてのバージョン:

空海

空海大師のこと

記事のすべてのバージョン:

弘法大師と六道輪廻

真言宗は即身成仏の教えを標榜する。だから人は死後みんな仏となるのだと漠然と考えている僧侶も多いようだ。六道に輪廻するなどという考えは受け付けないという。だが、そのような考え方をとるからと言って、みんながみんな死後仏になるなどと安易に言うことが出来るものなのだろうか。

記事のすべてのバージョン:

智顗 (ちぎ)

智顗(ちぎ、Zhi-yi)(538-597)は、中国の僧侶。天台宗の実質的な開祖であるが、慧文、慧思に次いで第三祖とされている(龍樹を開祖とし慧文を第二、慧思を第三、智顗を第四祖とする場合もある)。智者大師ともいう。

記事のすべてのバージョン:

鶴鳴 啓宗 ( 1867 1929 )

彼は朝鮮時代末期の人で、法名は啓宗、法号は鶴鳴である。俗姓である白をつけた白鶴鳴として多く知られている彼は、特に韓国近代の仏教歌辞文学において重要な位置を占めている。

記事のすべてのバージョン:

カルマパ17世

カルマパ17世(1985年6月26日 - 、在位1992年 - )、ウゲン・ティンレー・ドルジェ(チベット文字: ཨོ་རྒྱན་འཕྲིན་ལས་རྡོ་རྗེ།、英語: Ogyen Trinley Dorje)は、チベット仏教カギュ派の最高位の化身ラマであるカルマパの第17世。チベット北部カム出身。チベット族。

記事のすべてのバージョン:

アルボムッレ・スマナサーラ長老

アルボムッレ・スマナサーラ長老の紹介

記事のすべてのバージョン:

鈴木大拙

鈴木大拙のご紹介

記事のすべてのバージョン:

0 | 10