Buddhachannel

actualites colonne de droite











Instagram




Actus

Dernier ajout : 8 janvier 2018.

「カンフーの聖地」少林寺も参入か、モバイルゲーム市場に過熱感

「カンフーの聖地」として知られる中国の少林寺(河南省鄭州市)が、モバイルゲームの開発に乗り出すと伝わっている。地元メディアが9日報じたもので、ゲームを通じて少林寺拳法を体得できる内容になるという。

記事のすべてのバージョン:

漫画家の仏に興味津々!! ~来月6日まで東寺

有名漫画家の仏画を集めた展覧会「漫画家による仏の世界展」(京都仏教会、読売新聞社など後援)が20日、南区の東寺で始まった。4月6日まで。

記事のすべてのバージョン:

タイの大僧正、100歳で死去

タイ仏教僧団(サンガ)の指導者である大僧正が24日夜、感染症のため、入院先のバンコク都内のタイ国立チュラロンコン病院で死去した。今月3日に100歳になったばかりだった。タイの公務員は15日間、喪に服す。

記事のすべてのバージョン:

少林寺拳法外国人の弟子250人に卒業証書

3日、千年古刹の少林寺はアメリカ少林寺拳法連盟から250人余りの弟子を迎えました。

記事のすべてのバージョン:

曼荼羅の世界を彫刻で 伊賀の服部さん

伊賀市槙山(まきやま)、仏師服部俊慶さん(66)が、仏教の世界観を象徴する「曼荼羅(まんだら)」を表現した彫刻作品を完成させた。八年半がかりの大作。六月一日に依頼先の滋賀県甲賀市水口町の泉福寺に納める。

記事のすべてのバージョン:

赤門から仏門入りした気鋭僧侶が「一瞬を生きろ」と新春説法

2013年、新しい年をどう生きるか。受験、就職、仕事、人間関係など、様々な困難を乗り切る知恵を、浄土真宗本願寺派僧侶、松本紹圭さん(33)に聞いた。紹圭さんは、東京大学を卒業後、赤門から仏門へ飛び込み、インドでMBAを取得。インターネット寺院「彼岸寺」や、お寺カフェ、ライブ等を企画し、“お寺から日本を元気に”をモットーに新風を吹き込み続ける仏教界の風雲児。そんな若き改革者が“仏教的エール”を送る。

記事のすべてのバージョン:

バンクーバーエリアでも除夜の鐘響く-深夜に多くの日系人ら集まる

2012年大みそか12月31日の夜、バンクーバーエリアでもUBC アジアンセンター、スティーブストン仏教会、コキットラムの東漸寺などで除夜の鐘つきが行われ、深夜日系人を中心とした多くの参拝者が厳かな鐘の音と共に新しい年を迎えた。

記事のすべてのバージョン:

アンケート どのような理由でブッダチャンネルに入られますか?

このアンケートの結果

記事のすべてのバージョン:

日本からの読者ありがとう

ブッダチャンネルの社長(アラン/デラポット/ヂガッー)が、佛教について興味がある方が本サイトで筆者になることを誘います。

記事のすべてのバージョン:

バーミヤン遺跡を観光資源に 日本の保存部隊、復興に汗

アフガニスタン中部バーミヤンで、反政府武装勢力タリバーンに破壊された仏教遺跡の保存作業に、日本の研究者らが今年も取り組んでいる。バーミヤンでは、タリバーン支配下の2001年3月に、がけに彫られた55メートルと38メートルの二つの大仏が爆破されたほか、両大仏周辺の石窟(せっくつ)に描かれた壁画も破壊や盗難にあった。5、6世紀ごろにつくられ、7世紀には中国の僧、玄奘三蔵も訪れた。

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20