Buddhachannel

Billet du jour

Dernier ajout : 28 juin 2016.

仏教とフェアトレード

我われの世界は二つの価値観を持ちます:物実観と精神観です。どのようなこれらの観念を並行しますか?それは存在性と精神の関係の課題でますね。

記事のすべてのバージョン:

真言宗大覚寺派教学講習会速記録 (二)

では宗教とは何か、特に仏教とは何かと言えば、それは、一つの文明なのであると言えよう。保坂先生は仏教を文明として捉える考え方が大切なのだと言われる。日本では葬式法事、仏事のための仏教のように誠に限定した見方しかされない (...)

記事のすべてのバージョン:

真言宗大覚寺派教学講習会速記録 (一)

3月5日福山市のニューキャッスルホテルにて、真言宗大覚寺派中国教区(胎蔵寺住職竹原善生教区長)、平成21年度教学講習会が、比較宗教論がご専門の中央大学大学院教授保坂俊司先生を招いて『21世紀の仏活—癒しと鎮めの仏教の復活論』と題して行われた。先生には、『インド仏教はなぜ亡んだのか』『戒名と日本人』『癒しと鎮めと日本の宗教』など多数のご著書がある。当日は教区外からも沢山の参加者が詰めかけた。この場をかり、遠路はるばる私どものためにお越し下さり熱意溢れるご講演をなさって下さった先生に心より御礼申し上げます。以下に要点を速記した原稿を掲載させて頂きます。

記事のすべてのバージョン:

仏教の祖、釈迦は韓国血統だったなどと意味不明なことを述べており

中国発祥の文化に対し、その起源は韓国にあるとの主張に対し、多くの中国人が怒りをあらわにしている。仏教は中国でも広く信仰されている宗教であるが、韓国の朝鮮日報の報道によると、韓国の成均館大学の歴史学科が中国やアフガニス (...)

記事のすべてのバージョン:

韓国の仏教学者に教えられたこと

「自分は日本人がとてもうらやましい。なぜならば仏教というすばらしい宗教が、多くの日本人の心の隅々にまで浸透しているから。自分は仏教を半生研究してきたけれども、何せ韓国は儒教社会だ。だから日本人がうらやましい。」

記事のすべてのバージョン:

タイの社会に生きている南方伝来仏教

仏教の精神性の根本は印度にある。玄奘の時代中国はインドに仏教経典を求め苦難の旅の末、多くの原典を得、数多くの経典を翻訳した。中国の仏教はインドの仏教がそのまま移殖された物ではない、一方スリランカから南方経由、ビルマ、タイに伝わる仏陀仏教仏陀とは最高の真理を悟った者、出家者は今でも250の戒律を厳しく守っている。この文章では、日本の仏教より外来仏教を紹介します。

記事のすべてのバージョン:

宗教に対する西欧文明と日本文化の違い

宗教に対する西欧文明と日本文化の違い

記事のすべてのバージョン:

日本に息づく新羅・百済文化探訪

朝鮮式の山城、新羅の釣り鐘におのずとわく感嘆

記事のすべてのバージョン:

仏の教え ゆるく広く

子どもや若者に親しんでもらおうと、仏教界でも「ゆるキャラ」を使う動きが広がっています。

記事のすべてのバージョン:

オモロイ坊主のミャンマー日記―3(ヤンゴン)

ミャンマーに旅行の日記

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20 | 30 | 40 | 50 | 60 | 70 | 80 | 90