Buddhachannel

Billet du jour

Dernier ajout : 28 juin 2016.

鞍馬寺で毎年5月の満月に行われる秘儀、ウエサク祭とは?

ウエサク祭は、鞍馬寺で行われている秘儀とされており、今年は、5月27日(木)がその日。満月は5月28日の朝に起こるのですが、前日に行うというのは、月が満ちるまでに行うということなのでしょう。

記事のすべてのバージョン:

ダライ・ラマ:単独インタビュー (四)

恥を許せず命を絶つなら、恥を選んだほうがいい

記事のすべてのバージョン:

ダライ・ラマ:単独インタビュー (三)

Q 日本人には敬虔(けいけん)な仏教徒は多くありません。
A そのとおりです。儀式としての仏教です。いくつかの困難に直面した時、敬虔な仏教徒であるチベット人の精神はとても平穏です。彼らは心の中で、自信にあふれています。し

記事のすべてのバージョン:

ダライ・ラマ:単独インタビュー (二)

お金がすべてという考えは「内なる発展」を妨げる

記事のすべてのバージョン:

ダライ・ラマ:単独インタビュー (一)

ノーベル平和賞受賞者で、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(74)が、4月28日、亡命政府のあるインド北部ダラムサラの法王宮殿で毎日新聞の単独インタビューに応じた。和訳全文は次の通り。【聞き手・栗田慎一さん】

記事のすべてのバージョン:

真言宗大覚寺派教学講習会速記録 (八)

人は自分が良くあるために必ずその世界観を必要とする。もともと日本人はその世界観を仏教に求めてきた。だからその世界観、理想の世界観を表したものとして寺院があった。それは仏菩薩の世界であり、浄土の世界であり、死後の救いの (...)

記事のすべてのバージョン:

真言宗大覚寺派教学講習会速記録 (七)

日本における仏教の性格について

記事のすべてのバージョン:

真言宗大覚寺派教学講習会速記録 (六)

仏教に救われた日本について

記事のすべてのバージョン:

真言宗大覚寺派教学講習会速記録 (五)

インドの仏教は、紀元前後に大乗仏教が現れ、民衆化していく。西アジアからの影響もあり、僧侶だけが救われるというのは納得できない在家信者たちが日常生活の中の行体験から悟りの階梯に進む、つまり救いの平等の要求であったと言えよう。そこでは様々な救いの道を新発見してきた。だからこそ中国日本において様々な人々が仏教を受け入れる素地となった。

記事のすべてのバージョン:

真言宗大覚寺派教学講習会速記録 (四)

仏教は、インドでは都市住民に浸透していくが、生まれたときから仏教徒なのではなく、改めて自らが決めて改宗して仏教徒になる改宗宗教です。そなん仏教では、どの特実がありますか?

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20 | 30 | 40 | 50 | 60 | 70 | 80 | 90