Buddhachannel

Billet du jour

Dernier ajout : 28 juin 2016.

テーラワーダ仏教

20年代および30年代では、仏教の活動の復活そして近代化のためのベトナムにいくつかの動きがあった。 そこにと同様、Theravadinの黙想の成長する興味開発されるMahayanaの確立の再構成とともに、 Paliキャノン. これらはフランス語でそれから利用できました。

記事のすべてのバージョン:

人を救うことが自分を救うことにつながる

ご自身を救うためにお坊さんになられるというのは、どちらかというと「自利」の部分ですよね。いま「利他」の部分についてはどう考えていらっしゃるんですか?

記事のすべてのバージョン:

社会からの逃避のために修行生活へ

大学院を休学して、修行に行くことになってからですね。仏教を学ぼうと思ったわけではなく、それまでの生活をいったん全部やめて社会から逃避しようと(笑)。たまたま家がお寺だったのでお寺の修行に行きましたが、もし神社や教会に生まれていたら行き先は違っていたと思います。

記事のすべてのバージョン:

金剛経解説

金剛経は正式には金剛般若波羅蜜経という。

記事のすべてのバージョン:

自分の住むまちに築くべき仏国土とは一体どのようなものなのか

仏国土とは、約150年ほど前の南北戦争の激戦地ゲティスバーグでのリンカーン米国大統領のあの余りにも有名な演説の一節に尽くされていると私は考えています、つまり「government of the people, by the people, for the people」という言葉に尽きると私は考えています。

記事のすべてのバージョン:

仏陀の教え 原始仏典ダンマパダ

仏陀が説いた教えを集めた原始仏典、ダンマパダ(法句経ほっくきょう)を読みました。(ダンマとは真理、パダとは道の意、つまり真理の道という経です。)

記事のすべてのバージョン:

「イケてる」 若者の仏像ブームを語る

世は仏像ブーム。仏像展や秘仏開帳に老若男女が押し寄せる。この現象は何なのか。仏像ファンのイラストレーター、みうらじゅんさんに聞いた。

記事のすべてのバージョン:

【虎のソナタ】藪さんも井川さんも戻って

四苦八苦というのが仏教にございます。『四苦』とは「生・老・病・死」で『八苦』とは「愛別離苦(あいべつりく=愛する者と別れる苦しみ)」「怨憎会苦(おんぞうえく=敵と遭遇する苦しみ)」「求不得苦(ぐふとくく=欲しいものが得られない苦しみ)」「五陰盛苦(ごおんじょうく=あらゆる感覚からうける苦しみ)を足したものであります。

記事のすべてのバージョン:

三大諍論(じょうろん)

慈悲の権化のような親鸞聖人に、激しい大諍論が3回もあったということは、信じられないことかもしれませんが事実なのです。これを聖人の三大諍論と言われています。

記事のすべてのバージョン:

葬祭仏教の問題点と行方

葬祭仏教の退潮は何を意味するか?

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20 | 30 | 40 | 50 | 60 | 70 | 80 | 90