Buddhachannel

Billet du jour

Dernier ajout : 28 juin 2016.

中国に伝わった仏教

インドで成立した仏教は、時を経て中国に伝わったが、インドと中国とでは古来、言語や習俗・思想が大きく異なります。そのため、仏教も、次第に中国的 な特徴を獲得していました。また、こうした中国の仏教は、朝鮮半島、日本、ベトナムなどに伝播し、東アジア世界に中国仏教文化圏を形成しました。

記事のすべてのバージョン:

ブッダの悟りから仏教へ

仏教はブッダ(仏陀・仏)の教えに由来する。ブッダは「悟った人」の意で一般名詞に近く、特定の一人に限らない。その中でも歴史的に実在し、仏教の開祖とされるのは、紀元前五または四世紀にインドに現れた人物で、本名はゴータマ・シッダールタ(シッダッタ)と言い、そこからしばしばゴータマ・ブッダとも呼ばれる。その出身の種族はシャーキャ(釈迦)族で、そこからシャーキャ・ムニ(釈迦牟尼。釈迦族の聖者)、あるいは釈尊とも呼ばれる。また、如来・世尊などとも呼ばれる。

記事のすべてのバージョン:

わが国における仏教の価値

釈雲照律師(1827-1909)は、その学徳と僧侶としての戒律を厳格に守る生活姿勢、そしてその崇高なる人格に山県有朋、伊藤博文、大隈重信、沢柳政太郎など、明治の元勲や学者、財界人が帰依し教えを請わしめた明治の傑僧である。生涯木綿の衣と袈裟を着し、非時食戒を守り、午後は食事を摂られなかった。

記事のすべてのバージョン:

自分で好きな「戒名」を付けられないだろうか

葬儀やら何やらにかかわるときに欠かせないのは、あの世で暮らすための「戒名」。もちろん、これはおおよそ仏教の話で、ほかの宗教は当てはまらない。だが、仏教で冠婚葬祭を行うことの多い日本では、たいてい「戒名」は付けるのがほとんど、とも言える。

記事のすべてのバージョン:

今月の標語

それは、ブッダがコ―サラ国のイッチャーナンガラという村に留まっていらした時のことでした。バラモン出身の二人の若者が、「聖者とはそもそもいかなる人をいうのか」ということで議論となりましたが、どうしても結論に至ることが出来なくて、ブッダにお尋ねしてみようということになりました。

記事のすべてのバージョン:

第5回伝統文化継承トークフォーラム 平和と環境、神社が象徴

古くから日本人の生活とともにあった神社の今日的な意味を考える「伝統文化継承トークフォーラム」(日本舞踊芸術文化協会主催、観光庁、毎日新聞社後援)。5回目のフォーラムは6月7日、京都市の下鴨神社で開かれた。同神社の新木直人宮司とフィリピンのドミンゴ・シアゾン駐日大使、和子・シアゾン夫人、それにレギュラーメンバーの日本舞踊葵流家元の葵七皆さんが、観光や環境資源、平和の象徴としての神社、さらに日比関係などについて話し合った。

記事のすべてのバージョン:

音楽という言葉で互いを理解し共鳴し合う、テイ・チャー・シアン

国際交流基金のプロジェクトで2008年に結成されたジャズ・バンド、UNIT ASIA。日本の気鋭のミュージシャン3人に加え、タイの第一線で活躍するサックス・プレイヤーと、マレーシアの新進気鋭のピアニストが参加するユニークな多国籍ユニットだ。

記事のすべてのバージョン:

「人間力の復活」生きることは死ぬこと

人間もまたしかりで、成長・進化するはずです。その前に生物的にはヒトであります。ヒトは哺乳(ほにゅう)類に所属しています。それではその所属を決めるもの、つまり哺乳類まで進化させてくれたもの、それは哺乳という行為だったのです。従って哺乳をおろそかにすると、ヒトをやめ、ひいては人間をやめないといけない。

記事のすべてのバージョン:

おくられ方それぞれ 週のはじめに考える

 団塊の世代が父母を送り、自らも送られる年齢に近づいたのと無縁でないのかもしれません。死や葬儀をテーマにした映画や歌、書物が売れています。
 記憶に新しいのは昨年二月に映画「おくりびと」が日本映画初のアカデミー賞外国語映

記事のすべてのバージョン:

曹溪宗正ㆍ海印叢林 方丈 道林法傳 冬安居 結制 法門

寒さ暑さが迫ってくるということは、生死が行き来するということである。寒さ暑さが無いところは、生死が至らないという意味である。よって、その生死の道理を、どのようにして避けることができようか、という言葉である。

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20 | 30 | 40 | 50 | 60 | 70 | 80 | 90