Buddhachannel

Billet du jour

Dernier ajout : 28 juin 2016.

韓国の宿坊体験

夜の読経。「五体投地」のように立ったり座ったりする動作もある。同じ言葉を108回唱えているうち、学生時代にうっかり体験入信してしまった新興宗教のことを思い出す。

記事のすべてのバージョン:

なぜ人間に生まれたことが有り難いのか

人間に生まれたことを喜べと教えられますが私は喜ぶどころか生んだ親をうらむことさえあります。こんなことではいけないと思いながら喜ぶことができません。なぜ人間に生まれたことが有り難いのでしょうか。

記事のすべてのバージョン:

正しく聞けているか

「一実円満の真教」を説き切られる高森顕徹先生の一言一言を、聞き漏らすまい、正確に聞き取ろう、とする真剣さがみなぎっています。

記事のすべてのバージョン:

絶対の幸福とは、どんなことか

生究極の目的は絶対の幸福だといわれますが、絶対の幸福とはどんな幸福をいうのでしょうか。また、親鸞聖人はどこにそんなことをおっしゃっていられるのでしょうか。

記事のすべてのバージョン:

仏陀のことば

仏陀の言葉を聴きましょう。

記事のすべてのバージョン:

「善人」って何か?

珍しい有髪の「親鸞聖人坐像」に向き合うと、栄達を望まず権力にも付かず、信念を貫いた素顔が迫ってくる。「善人なをもて往生をとぐ。いはんや悪人をや」。だからしっかり生きよ、と呼び掛ける声が聞こえてくるようだ。一条の光を求め、人々はその言葉にすがったに違いない。

記事のすべてのバージョン:

各種神秘行

このHPでこれから神秘行というものを皆さんにお伝えして行くにあたって、ここでは、 まず、その神秘行というものについての簡単な紹介を述べておこうと思います。 ただし、これは今現在の私が自分自身がこれまで経てきたものを通して、その上で神秘行について 考えている事、という事です。人によっては神秘行というものに全然違った意味を見出す方もいますから、 もちろん、そういう人の考えは私の考えとは全然違ってくる事と思います。このHPの全てのページに 共通することですが、皆さんはあくまで、このHPに書かれてある事は、このHPの作者が自身で学び 経験し考えている事である一つの情報、という感じに受け取っておいて下さい。

記事のすべてのバージョン:

道安と戒律・禅観法

前秦の都長安で、鳩摩羅什がやってくるのをひたすら待ち続けていた僧がいる。道安(どうあん 314〜385年)である。西域で名を馳せていた羅什の召致を符堅に進言したのは道安だといわれている。

記事のすべてのバージョン:

仏教の根幹、三世因果とはどんな教えなのか

仏教の根本は三世因果の教えだといわれますが、三世因果とはどんな教えでしょうか。

記事のすべてのバージョン:

真言宗大覚寺派教学講習会速記録 (三)

明治時代の宗教観の変化について

記事のすべてのバージョン:

0 | 10 | 20 | 30 | 40 | 50 | 60 | 70 | 80 | 90