Buddhachannel

記事

論説

日本人の科学教信仰

Le 2015年7月11日

アメリカ人の半分近く、45%が、人間は1万年前、神によって現在の姿に作られたと信じているという。かれらは現在の人間がサルから進化したという科学的常識を否定するのである。(2004年11月ギャラップ調査)  メキシコでは、同じような調査は知らないが、おそらく45%という比率はグンと上がって、70%位には行くのではなかろうか?  かれらは90%までがカトリック信者で、キリスト教徒として洗礼を受け、日曜ごと教会へ行って神父の説教を聞き、伝統的な宗教習慣にのっとって生活している。成長して高等教育を受けるようになると、だんだん科学的に物事を見るようになり教会へも行かなくなるが、それは全体からすれば少数派だ。  さてそれでは日本人はどうかと言うと、9割近く自然科学的な進化論を信じているのではないかと思う。今、お寺の檀徒になっている人は人口の8割くらいだろうか。七五三とか元旦には、これまた80%以上の人たちがお宮参りをするそうだ。  仏教と神道(しんとう)をごちゃ混ぜにした信者が多そうだが、 次の

ユーモア

Zem — Fastoche

plus d articles



今週の記録

日本人は、昔から "思いやり"を大切にしてきました

人の心の温かさを感じられない、殺伐としたニュースが、毎日のように報道されています。


愛と思いやりに満ちた人生とスピリチュアリティの実践

わたしたちの人生におけるすべての苦悩の源はマインドにあります。わたしたちの人生に対する基本的な姿勢や思いこみが、世界において何を経験し、いかに交流するかということを方向づけ (...)


お茶と宗教(仏教、道教など)

中国茶の歴史でも書いてあった「茶興於唐、盛於宋」という説があり、唐の封演の『封氏聞見記』巻六によると:「開元中、泰山霊岩寺大興禅教。學禅務於不寐、又不夕食、唯許飲茶。人自懷 (...)


写真は、デー

par Buddhachannel Fr.


Evénements

「京の七夕」オール京都で開催 光るボールで天の川作る

京都府や京都市、京都仏教会などが8月6〜15日に京都市内の堀川と鴨川周辺で初めて開く新イベント「京の七夕」の実行委員会が29日、上京区内であった。参加者が堀川に光るボールを放流し「天の川」を創出するイベントなど詳細計画を決めた。  「京の七夕」は、春の「花灯路」と同様、「オール京都」体制で集客を目指す取り組み。堀川会場(一条戻橋-押小路橋)では、参加者がLED(発光ダイオード)を埋め込んだ光るボールを堀川に放流し「光の天の川」を演出するほか、放置竹林の竹と照明を組み合わせた全長80メートル巨大アーチなどのアート作品も展示する。  また、鴨川会場(御池大橋-四条大橋)では、伝統産業品とLEDを組み合わせた作品展示や友禅流しの実演などを行う。会場周辺の商店街などでも多彩な共催イベントを実施する。  全国から「願い」を集める「絵はがき短冊」も、26日時点で約1万6千枚販売され、夏の新しいイベントとし 次の

Vidéo du jour


ヂィレクトリ

増上寺

浄土宗の七大本山の一つ。三縁山広度院増上寺(さんえんざんこうどいんぞうじょうじ)が正式の呼称です。開山は酉誉聖聡(ゆうよしょうそう)上人によって、江戸貝塚(現在の千代田区紀尾井町)の地に、浄土宗正統根本念仏道場として創建されました。その後、文明2年(1470)には勅願所に任ぜられるなど、関東における浄土宗教学の殿堂として宗門の発展に寄与するところ著しいものがありました。 江戸時代の初め源誉存応(げんよぞんのう)が徳川家康の帰依(きえ)を受け、大伽藍(がらん)が造営されました。以後徳川家の菩提寺として、また関東十八 檀林(だんりん)の筆頭として興隆しました。さらに、江戸時代総録所として浄土宗の統制機関ともなりました。 戦災によって徳川家の将軍やその一族の霊廟(れいびょう)は焼失し、焼失をのがれた三門(さんもん)・経蔵(きょうぞう)・黒門(くろもん)などを含む境内(けいだい)は、昭和四十九年(1974)完成の大本堂とともに、近代的に整備されまし 次の

最後の著者

Nanny Obame

Etudiante en école de publicité, je suis journaliste reporter à la base. Je (...) 次の


Articles et Conférences

サンガはどのようなものであったか (一)

「僧」は今では一人ひとりのお坊さんを表す言葉となっているが、もともとはお坊さんの集団を意味した。現代語にあてると「教団」ということになる。要するに「般若団」の「団」にあたる。  もともとは仏教が生まれた紀元前5世紀ころにあった共和体制の国や、商工業者のギルドを表す言葉であった。仏教の開祖の釈尊が生まれた釈迦国も共和体制の国であったので、出家者の集団の運営規則もそれにならって作られ、その集団もサンガと呼ばれることになった。共和体制の国や商工業者のギルドには、専制君主的な指導者はおらず、その組織は合議によって運営されていたので、一般的には仏教教団も非常に民主的な組織であったと考えられている。  ところがこのサンガのことはあまりよく知られていないし、実はまだあまりよく分かっていない。仏典によるサンガの定義は、「界として結界されたある一定の地域の中に住する、布薩や自恣その他の羯磨を共に行う4人以上の比丘、あるいは比丘尼の集団」である。  「界」というのはインド語の‘sImA’(シーマー)で、これはやくざの世界で使う「シマ」の語源であると考えられている。まさしく「縄張り」を意味する。例えば東京都の新宿区を「4人以上の比丘、あるいは比丘尼の集団」が‘sImA’として結界すると、それがサンガの基礎になる。 次の

Billet du jour

中道 中庸


によって ジン


Textes fondamentaux

妙法蓮華経 序品 第一

釈尊の教えを聴くため、多くの比丘衆、菩薩、バラモンの神々、鬼神、人間たちが王舎城の耆闍崛山(霊鷲山)に参集している。 一萬二千人の比丘衆(大声聞) 二千人の学・無学の比丘 六千人の比丘尼 八萬人の菩薩 帝釈天とその眷族の二萬人の天子 四天王とその眷族一萬人 自在天子、大自在天子とその眷族三萬人 梵天王と凡転移属する一萬二千人の天子 八龍王と百千億の眷族である龍たち 緊那羅の四王と百千億の眷族 阿修羅の四王と百千億の眷族 迦楼羅の四王と百千億の眷族 マガダ国王の阿闍世王。 釈尊は、比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷に取り巻かれ、恭敬され、供養され、讃嘆された。釈尊は、菩薩に対する教えで、一切の諸佛の護持する大乗の無量義の教えを説く。そして釈尊は無量義の教えを説き終わると、無量義処三昧に入る。 その時、空からは美しい花々が佛のみ上に、すべての人々の上にも降り注ぎ、大地も感動に震え動き出す。そして、佛の眉間にある白い渦毛から白毫相より一条の光が放たれる。 その光は、東方の一萬八千の佛国土に普くおよび、すべての国土は、その光明の輝きによって照らし出された。この白毫相の光によって、すべての世界の様子が手に取るように見えてくる。その世に出現している諸佛の姿も見え、その諸佛 次の


仏教

鏡峰 靖錫 ( 1892 1982 )

1. 生涯 出家後、通度寺に新しく建てられた明信学教と講院を卒業した後、通度寺で行政の業務を担当することになった。だが、道を悟らなければならないという思いでいっぱいになり仕事に熱中できなくなった彼は、ある日、経典を読んでいる途中、「一日中、他人の宝を数えても自分には何の利益もない(終日数他宝、自無半銭分).」という句にショックを受け、参禅することを決心した。 1915年(23歳)、通度寺を出た鏡峰は海印寺の禅院へ行った。しかし、通度寺に戻れという恩師からの連絡が引き続いてくるようになると、色々な禅院へ移動しながら参禅に没頭した。鏡峰は30歳を過ぎて、ある程度話頭に取り組むことができるようになってから、再び通度寺に戻った。 1925年、通度寺で共に参禅していたある首座から「毎年米二十俵を出すから、力を合わせて念仏堂を建てよう」との提案を受けた。鏡峰は、僧侶たちや信徒たちに念仏精進をさせることもできるし、寄る辺のない老人たちを救済することもできると思い、極樂庵に「養老万日念仏会」を創設した。 1927年36歳となった年の冬、鏡峰は通度寺の極樂庵において『華厳経』を説法する法会を開いた。説法を始めた日から不思議なことに、はっきりと話頭に取り込むことができるようになり、四日目の日、突然壁がなくなるように、視野が広くなり天地の間に完全な一圓相が現れる境界を体験した。次の日の朝には、自己と宇宙とが二つではない 次の

最後の記事

莫高窟

莫高窟 歴史 敦煌市の東南25kmに位置する鳴沙山(めいささん)の東の断崖に南北に1,600mに渡って掘られた莫高窟・西千仏洞・安西楡林窟・水峡口窟など600あまりの洞窟があり、その中に2400余りの仏塑像が安置されている。壁には一面に壁画が描かれ、総面積は45,000平方メートルになる。敦煌石窟・敦煌千仏洞と言った場合、広義ではこの全てを含むことになるが、歴史・規模・内容全てに渡って莫高窟が圧倒しているために敦煌石窟・敦煌千仏洞と言った場合でも莫高窟のことを指すのが普通である。 作られ始めたのは五胡十六国時代に敦煌が前秦の支配下にあった時期の355年あるいは366年とされる。仏教僧・楽僔(らくそん、僔は人偏に尊)が彫り始めたのが最初であり、その次に法良、その後の元代に至るまで1000年に渡って彫り続けられた。現存する最古の窟は5世紀前半にここを支配した北涼の時代の弥勒菩薩(みろくぼさつ)象で足を交差しているのは中央アジアの影響を受けている。それ以前のものは後世に新たに掘った際に潰してしまったようである。窟のうち、北部は工人の住居となっ 次の