Buddhachannel

記事

論説

日本人の科学教信仰

Le 2015年7月11日

アメリカ人の半分近く、45%が、人間は1万年前、神によって現在の姿に作られたと信じているという。かれらは現在の人間がサルから進化したという科学的常識を否定するのである。(2004年11月ギャラップ調査)  メキシコでは、同じような調査は知らないが、おそらく45%という比率はグンと上がって、70%位には行くのではなかろうか?  かれらは90%までがカトリック信者で、キリスト教徒として洗礼を受け、日曜ごと教会へ行って神父の説教を聞き、伝統的な宗教習慣にのっとって生活している。成長して高等教育を受けるようになると、だんだん科学的に物事を見るようになり教会へも行かなくなるが、それは全体からすれば少数派だ。  さてそれでは日本人はどうかと言うと、9割近く自然科学的な進化論を信じているのではないかと思う。今、お寺の檀徒になっている人は人口の8割くらいだろうか。七五三とか元旦には、これまた80%以上の人たちがお宮参りをするそうだ。  仏教と神道(しんとう)をごちゃ混ぜにした信者が多そうだが、 次の

ユーモア

Zem — Fastoche

plus d articles



今週の記録

日本人は、昔から "思いやり"を大切にしてきました

人の心の温かさを感じられない、殺伐としたニュースが、毎日のように報道されています。


お茶と宗教(仏教、道教など)

中国茶の歴史でも書いてあった「茶興於唐、盛於宋」という説があり、唐の封演の『封氏聞見記』巻六によると:「開元中、泰山霊岩寺大興禅教。學禅務於不寐、又不夕食、唯許飲茶。人自懷 (...)


愛と思いやりに満ちた人生とスピリチュアリティの実践

わたしたちの人生におけるすべての苦悩の源はマインドにあります。わたしたちの人生に対する基本的な姿勢や思いこみが、世界において何を経験し、いかに交流するかということを方向づけ (...)


写真は、デー

par Buddhachannel Fr.


Evénements

「京の七夕」オール京都で開催 光るボールで天の川作る

京都府や京都市、京都仏教会などが8月6〜15日に京都市内の堀川と鴨川周辺で初めて開く新イベント「京の七夕」の実行委員会が29日、上京区内であった。参加者が堀川に光るボールを放流し「天の川」を創出するイベントなど詳細計画を決めた。  「京の七夕」は、春の「花灯路」と同様、「オール京都」体制で集客を目指す取り組み。堀川会場(一条戻橋-押小路橋)では、参加者がLED(発光ダイオード)を埋め込んだ光るボールを堀川に放流し「光の天の川」を演出するほか、放置竹林の竹と照明を組み合わせた全長80メートル巨大アーチなどのアート作品も展示する。  また、鴨川会場(御池大橋-四条大橋)では、伝統産業品とLEDを組み合わせた作品展示や友禅流しの実演などを行う。会場周辺の商店街などでも多彩な共催イベントを実施する。  全国から「願い」を集める「絵はがき短冊」も、26日時点で約1万6千枚販売され、夏の新しいイベントとし 次の

Vidéo du jour


ヂィレクトリ

安泰寺

歴史 1924年、丘宗潭によって曹洞宗宗学研究の学堂として、京都洛北の玄琢に開創された。以来、第二次世界大戦まで、同宗近代の伝統宗学はこの学堂によって継承発展した。 第二次世界大戦中には荒廃の一時期もあったが、1949年、沢木興道と内山興正の師弟が入寺し道元禅師の只管打坐を綿密純粋に行持する「紫竹林参禅道場」として再興した。坐禅と托鉢行に徹した簡素な修行道場はいつしか世に知られるところとなり、参禅の士は国内ばかりでなく世界各地から集うようになった。 修行者の増加に加えて周囲の宅地化による騒音は坐禅道場としての条件を満たすことができなくなり、また、山の静けさと中国禅の理想でもあった自給自足の生活を求めるため、1977年に渡部耕法が現在の場所に移転した。周囲を山々に囲まれ、境内地は50haある。 所在地 兵庫県美方郡新温泉町久斗山62 宗派 曹洞宗 創建年 大正10年(1924年) 次の

最後の著者

Nanny Obame

Etudiante en école de publicité, je suis journaliste reporter à la base. Je (...) 次の


Articles et Conférences

サンガはどのようなものであったか (二)

 また、サンガには全員が平等な資格で参加して、少数意見が最大限度に尊重される議決方法を取るから、非常に民主的な組織であったと考えられている。しかしながら常に全員一致を要求されるような組織は現実的に存在しうるであろうか。人が3、4人集まれば、なかなか話がまとまらないのが常であるから、それが15人もの、あるいは100人もの大集団になればなおさらである。  ということで、今私のもっているサンガのイメージは次のようなものである。  仏教には今風の「教団」というような概念は存在しなかった。それは別に不思議なことではなく、ヒンドゥー教でもイスラーム教でも、そういうものは存在したことはない。いわば精神的な紐帯によって繋がっているだけの話である。  お釈迦さんが亡くなったときに、主立った弟子たち500人が王舎城というところに集まって、お釈迦さんの教えをまとめる会議を行った。これは「結集(けつじゅう)」と呼ばれている。要するに「お釈迦さんの教えとはどういうものであったか」ということを議題にした羯磨を行ったわけである。これは今流にいう「仏教教団」としての行事で、したがって全仏教徒を拘束する効力を持っていたように考えられているが、実はそうでもないらしい。  プラーナという仏弟子があった。これも500人の弟子たちを引き連れて別のところを旅行してしたので、この会議のことを知らなかった。そこでこの会議に出席した比 次の

Billet du jour

中道 中庸


によって ジン


Textes fondamentaux

三千仏礼拝

年末行事に、たくさんの仏様の名前を唱える仏名会ぶつみょうえという行事があります。この行事は、知らず知らずのうちに作ってしまった罪などを懺悔さんげし、心身ともに清め、新年を迎える行事です。 仏名会は光仁天皇の時(774)宮中で行われたのが最初といわれています。仏説仏名経という、仏様の名前がたくさん列記されたお経を読みます。 このお経には「ここにある名前を読み上げれば、平穏な日々を過ごせ、諸難から逃れ、諸々の罪が消え、将来、悟りが得られる」と説かれています。そして約13,000の仏様の名前が記されています。 導師が「南無なーむー」と唱えると、それに続いてみんなで仏様の名前を唱和しつつ、ひとつの名前ごとに丁寧に五体投地の礼拝をします。 仏説仏名経には12巻の物と30巻の物と二種類あります。30巻は12巻を土台として、所々にお経が付け加えられた物です。 現在ではこの仏説仏名経に代わり ●過去荘厳劫千仏名経 かこしょうごんこうせんぶつみょうきょう ●現在賢劫千仏名経 げんざいけんごうせんぶつみょうきょう ●未来星宿劫千仏名経 みらいせいしゅくこうせんぶつみょうきょうの三種類を用い三劫三千仏名経さんこうさんぜんぶつみょうきょうとして、過去・現在・未来の合計3,000の仏様をお参りするのが標準的になっています。 次の


仏教

玄奘三蔵

洛陽近郊の緱氏県の陳氏に生まれる。諱は褘である。10歳のときに兄の長捷のもと、洛陽の浄土寺で出家し、玄奘 と名づけられた。隋末の動乱によって各地を転々としながらも、『涅槃経』と『摂大乗論』を学ぶ。武徳元年(618年)には長捷と共に長安入りを果たし、後に戦乱を避けて成都に至る。その後も各地を巡り、20歳で具足戒を受ける。 唯識の『瑜伽師地論』等の仏典の研究には原典による他ないとし、また、同時に仏跡の巡礼を志し、貞観3年(629年)に国禁を犯して出国した。 河西回廊を経て高昌に至り、天山北路を通って中央アジアから天竺(現在のインド)に至る。ナーランダ寺では5年にわたり戒賢より唯識を学び、また各地の仏跡を巡拝した後、天山南路を経て帰国の途につき、貞観19年(645年)1月、657部という膨大な経典を長安に持ち帰った。インドにおいては、ヴァルダナ朝の王ハルシャ・ヴァルダナの厚い崇敬と保護を受け、ハルシャ王へも進講している。玄奘の旅の記録は『大唐西域記』として残されており、当時のインド社会の様相 次の

最後の記事

莫高窟

莫高窟 歴史 敦煌市の東南25kmに位置する鳴沙山(めいささん)の東の断崖に南北に1,600mに渡って掘られた莫高窟・西千仏洞・安西楡林窟・水峡口窟など600あまりの洞窟があり、その中に2400余りの仏塑像が安置されている。壁には一面に壁画が描かれ、総面積は45,000平方メートルになる。敦煌石窟・敦煌千仏洞と言った場合、広義ではこの全てを含むことになるが、歴史・規模・内容全てに渡って莫高窟が圧倒しているために敦煌石窟・敦煌千仏洞と言った場合でも莫高窟のことを指すのが普通である。 作られ始めたのは五胡十六国時代に敦煌が前秦の支配下にあった時期の355年あるいは366年とされる。仏教僧・楽僔(らくそん、僔は人偏に尊)が彫り始めたのが最初であり、その次に法良、その後の元代に至るまで1000年に渡って彫り続けられた。現存する最古の窟は5世紀前半にここを支配した北涼の時代の弥勒菩薩(みろくぼさつ)象で足を交差しているのは中央アジアの影響を受けている。それ以前のものは後世に新たに掘った際に潰してしまったようである。窟のうち、北部は工人の住居となっ 次の